どんな事でもお気軽にお問い合わせください
0120-803-656
24時間受付いたします

Apache2.4でのtomcat連携で内部ELBを使うと「too long」のエラーが出る


インフラエンジニアの伊藤です。
AWSのサーバー構成で、Webサーバでアクセスを受けて、後ろにあるアプリケーションサーバーに対してリクエストをプロキシする
という構成はよくあると思います。

その際に、やっぱり可用性を考慮すると、各サーバは冗長化するほうがいいですよね。
ってことはこんな構成。

WebサーバとしてApacheを使っていて、アプリケーションサーバはtomcatを使う
こんな構成もよくあると思います。

で、Apacheがtomcatに投げるときにハマったので、その解決策を残しておきたいと思います。

ProxyPassの設定でハマった

Apacheのバーチャルホストに、受けたリクエストをtomcatに流す記載をします。

ProxyPass / ajp://internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com:8009/

ProxyPassを使って、アクセスが来たものをajpの8009ポートにリクエストを投げています。
「internal-elb-~~」と書かれているのは、内部ELBになります。

ただし、この状態でApacheのシンタックスチェックをすると以下のようにエラーが出力されます。

# httpd -t
ProxyPass worker hostname (internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com) too long

ProxyPassに投げるホスト名が長すぎる…
そんなこと言われたって、内部ELBのホスト名ってこんな感じなるし、IPアドレスも固定じゃないし、どうすりゃいいねん!!
となってしまいました。

Rewriteルールで対応

今回の構成では、ProxyPassでtomcatに向けてそのまま投げてくれたらOKなので、
下記のルールに変更しました。

RewriteEngine on
RewriteRule ^/(.*)$ ajp://internal-elb-xxxxxxxxxxxxxx.ap-northeast-1.elb.amazonaws.com:8009/$1 [P,L]

rewriteルールを使います。
rewriteとして、全てに来たらajpに対して投げる、というようなルールです。

これで無事ApacheのリクエストをTomcat(内部ELB)に投げてくれるようになりました。


お問い合わせ 採用情報 エンジニアブログ
ISO27001認証
Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.