どんな事でもお気軽にお問い合わせください
0120-803-656
24時間受付対応致します

AWSの新ロードバランサー「ALB」の特徴について


技術営業部の大原です。

今回はAWSの新ロードバランサー「ALB」について記載します。

ALBの概要

Amazon Web Services(AWS)の新しいロードバランシング(負荷分散)サービス
「Application Load Balancer(ALB)」は、L7スイッチ相当のロードバランシングサービスで、
パケットの内容に応じたコンテントベースのルーティングが代表的な機能となります。

ちなみに このALBが提供開始されたことによって、
従来のロードバランシングサービス「ELB」のサービス名称は
「Classic Load Balancer(CLB)」という名称に変更され、
今後 ELBというサービス名称は、「ALB」と「CLB」の2つのサービスを総称したものとなります。

ALBの特徴

  • レイヤー7のコンテントベースで、ターゲットグループに対してルーティング
  • コンテナベースのアプリケーションのサポート
  • WebSocket とHTTP/2 のサポート
  • 複数のアベイラビリティゾーンに跨って、高レベルの耐障害性を実現
  • ALB自体が自動的にキャパシティを増減

参考:https://aws.amazon.com/jp/elasticloadbalancing/applicationloadbalancer/

ALBの価格体系

  • ALBの起動時間
  • Load Balancer Capacity Units (LCU)の使用量

参考:https://aws.amazon.com/jp/elasticloadbalancing/applicationloadbalancer/pricing/

コンテントベースのルーティング

ALB を利用することで、一つのALB の配下に複数の機能(サービス)を設置し、提供することが可能です。

ALBの利用が向いているパターン

以下のいずれかの条件に該当する環境の場合、ALBを選択する価値がありそうです。

  • Webアプリケーションをサービス指向で構築している
  • WebアプリケーションでWebSocketを利用している
  • WebアプリケーションがHTTPSに対応している
  • WebサーバーがHTTP/2に対応している
  • コンテナで環境を構築している

ただし 以下のケースでは、CLBの選択を検討する必要があるかも知れません。

  • HTTP、HTTPS以外のTCP通信の負荷分散をする必要がある
  • WebサイトがHTTP/2に対応しておらず、またページ当たりのデータ転送量と比較して、新規接続数やアクティブ接続数が非常に多い

まとめ

ALBは従来のCLBと比べて有用な新機能を備えていながら、
使い勝手に大きな差が無いと思いますので、試して見る価値がありそうです。


お問い合わせ 採用情報 エンジニアブログ
ISO27001認証
Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.

mautic is open source marketing automation