どんな事でもお気軽にお問い合わせください
06-6567-0924

AWSで「別アカウントのセキュリティグループを許可する」方法


インフラエンジニアの伊藤です。

AWSのアカウントを複数使い分けていることってありますよね。
社内の請求として…などなど、理由は多岐に渡ると思いますが。

何らかの理由でAWSアカウントは分けるけど、通信はしたいってこと、ありませんか?

CIDRであれば、互いにVPC Peeringを使って接続していれば、
対向側のネットワークのCIDRを許可すればOKです。
しかし、ELBの場合は内部IPアドレスがないので、
セキュリティグループごと許可してあげる必要が出てきます。

また、特定のサブネット配下にあるAuto ScallingグループのEC2を許可する場合は、
個別のIPアドレスでは許可していても、オートスケールによって増えたEC2が
セキュリティグループで許可されていないIPになるEC2が出てくる可能性があります。
そんなときもセキュリティグループを許可してあげる必要がありますよね。

ということで、セキュリティグループで「別アカウントのセキュリティグループ」を許可する方法です。

イメージとしてはこんな感じ。

<アカウントID>/<グループID>

これが答えなのですが、
許可したいセキュリティグループで「アカウントID/グループID」で指定します。
アカウントIDは、AWSコンソールの右上から確認ができます。
黒塗りばっかりですが「アカウント」と書かれている12桁の数字です。

グループIDは、セキュリティグループで確認できます。
こちらも黒塗りばかりですが、「sg-」で始まるIDです。

この2つを「/」で区切ってあげれば、異なるアカウントのセキュリティグループを許可(拒否)してあげることが可能です。

こんな感じ。
黒塗りだらけですね。


お問い合わせ 採用情報 エンジニアブログ
ISO27001認証
Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.

mautic is open source marketing automation