どんな事でもお気軽にお問い合わせください
06-6567-0924

大阪エヴェッサのスポンサーなので大阪エヴェッサのことを調べました


インフラエンジニア兼Webマーケティングチームの伊藤です。

以前、大阪エヴェッサが所属するプロバスケットボールリーグ、Bリーグの紹介をしました。
大阪エヴェッサのスポンサーなのでまずはプロバスケットボールのリーグ、Bリーグについて紹介する | 株式会社ビヨンド

紆余曲折を経て出来たBリーグですが、今回は我々がスポンサーを務める、大阪エヴェッサのことを紹介したいと思います!

弊社の人間も早速観戦に行ってますよ!!
B.LEAGUE観戦が面白い3つの理由 | 株式会社ビヨンド

強かったbjリーグ初期時代

大阪エヴェッサは、Bリーグが出来る前のプロリーグ、bjリーグに所属していました。
bjリーグが出来た初年度(2005-06シーズン)から3年連続で優勝という快挙を成し遂げたチームでもあります。
当時は、今は沖縄の琉球ゴールデンキングスで活躍している波多野選手が在籍していました。

3年連続ってすごいですよね。長いプロ野球の歴史で3年連続日本一に輝いたチームは、直近でも30年近く前に遡る、1990年~1992年の西武です。秋山・デストラーデ・清原の時代です。
バスケの3年連続優勝といえば直近でいえば八村塁選手がいた宮城・明成高校や、日本人初のNBAプレーヤーである田臥選手がいた秋田・能代工業(高校9冠)が有名なところですね。

3連覇のあと大阪エヴェッサから出力選手の大量流出によって、4連覇が達成できなかっただけでなく、
その後bjリーグでは優勝できていないという状況です。(2009-10シーズンは準優勝)

好位置につけるものの優勝には届かないというシーズンが何度が続いたあとは、
少し低迷した時期に入ってしまいます。(7位~6位~5位~6位)

そのままBリーグに突入するのですが、2017/3/22時点では西地区3位、ワイルドカード争いで3位につけていて、去年まで違っていい位置につけています。

元NBAプレーヤーの加入など、積極的に補強を行った成果が出ているかもしれませんね!!

演出を凝る

こんな感じで、大阪エヴェッサは選手入場時やハーフタイムなどの演出にも凝っています。

試合前から演出が派手で会場が暗くなったり、電飾が変わったり、大音量の中チアのパフォーマンスや選手紹介などが行われてました。

コートサイドに常にチアガールが控えていて、試合前、ハーフタイム、タイムアウト全てでチアガールのパフォーマンスがあり、試合の間延び感が全く感じなかったです。
B.LEAGUE観戦が面白い3つの理由 | 株式会社ビヨンド

初めてバスケを観戦した人間でもこんな風に感じています。

こんな考えがあるからですね。

大阪エヴェッサは設立当初からスポーツとエンターテインメントの融合に積極的に取り組み、bjリーグでの11年間で実績とノウハウを蓄積してきた。今季からはBリーグという新たなフィールドで、これまでに培ってきたものをさらに発展させ、進化させていく。

参照:大阪エヴェッサがバスケ観戦を変えるチームラボ総合演出で「観客参加型」に – スポーツナビ

演出といえば、大阪エヴェッサのオフィシャルソングはなんと…
Wikipediaから引用します。

2007年4月には松本人志の実兄・松本隆博作詞・作曲・歌による公認ブースターソング『商売繁盛で・・かかってこんかい 〜大阪エヴェッサ応援歌〜』が発売。

参考:大阪エヴェッサ – Wikipedia

いや、すげーな。

とりあえず、僕も早く観戦したいと思います!!


お問い合わせ 採用情報 エンジニアブログ
ISO27001認証
Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.

mautic is open source marketing automation