どんな事でもお気軽にお問い合わせください
0120-803-656
24時間受付いたします

ディスク整理したい時のための、duコマンドとdfコマンドを使ったディスク容量の調べ方


こんにちは、こんばんは。

システムソリューション部の宮崎です。

この記事では、ディスク容量を調べたい、ディスク容量きついから整理しないと、

といった時に使うduコマンドdfコマンドについて例を交えて書いていきたいと思います。

dfコマンド

df – 使用中のディスクの量と使用可能量を表示する

実際の業務で使うのは-hオプションぐらいです。

-h, –human-readable
それぞれのサイズに、例えばメガバイトなら M のようなサイズ文字を
付加する。 10 の累乗ではなく 2 の累乗を用い る の で 、 M は
1,048,576 バイトを表す。

実際にコマンドを叩いた結果がこちらです。

[root@localhost ~]# df -h
ファイルシステム       サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/cl-root   6.2G  4.9G  1.4G   78% /
devtmpfs              905M     0  905M    0% /dev
tmpfs                 920M  208K  920M    1% /dev/shm
tmpfs                 920M  8.7M  912M    1% /run
tmpfs                 920M     0  920M    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda1            1014M  226M  789M   23% /boot
tmpfs                 184M   16K  184M    1% /run/user/1000

ファイルシステムごとのディスク容量を確認できました。
ディスク容量を調べる際には最初にこのコマンドを叩くとわかりやすいかと思います。

duコマンド

du – ファイルのディスク使用量を表示するコマンド

実際の業務でよく使われるオプションは-c,-h,-sの3つです。

-c, –total
総合計量を表示する

-h, –human-readable
人間が読みやすい形式でサイズを表示する (例: 1K 234M 2G)

-s, –summarize
各引数の合計容量のみ表示する

実際にコマンドを叩いた結果がこちらです。

 [root@localhost /]# du -sch ./*
0	./1
0	./bin
194M	./boot
156K	./dev
49M	./etc
4.6M	./home
0	./lib
0	./lib64
0	./media
0	./mnt
19M	./opt
0	./proc
52K	./root
65M	./run
0	./sbin
0	./srv
0	./sys
296K	./tmp
3.7G	./usr
1.1G	./var
5.0G	合計

※実際に数十Gの容量のディレクトリに対してduコマンドを叩くと
I/Owaitが上昇する時間が長くなるので注意してください。

調べてみて容量を占めているディレクトリを指定して深堀していくと
どのディレクトリのどのファイルが容量を食っているのかがわかります。

次に、容量が多いディレクトリについては個別に調べていきます。

/usr以下のディレクトリをもっと深堀していきたいとなれば、/usrに移動してから同様にコマンドを叩いていきます。
※移動しなければならないわけではありません。/usr/* の様に指定することもできます。

 [root@localhost /]# cd /usr
[root@localhost usr]# du -sch ./* 
209M	./bin
0	./etc
0	./games
18M	./include
716M	./lib
1.2G	./lib64
102M	./libexec
4.0K	./local
57M	./sbin
1.3G	./share
109M	./src
0	./tmp
3.7G	合計

あくまで例ですが、この結果から/usr/share以下の容量が1.3Gであることがわかります。

もしも容量が多くて調べられない、結果が出るのに時間がかかるといったことがあれば

–exclude=除外したいディレクトリ

このオプションをつけると対象のディレクトリを、検索対象外にして調べることができます。
先ほどのコマンドを例にすると以下の結果になりました。

 [root@localhost usr]# du -sch ./* --exclude=share
209M	./bin
0	./etc
0	./games
18M	./include
716M	./lib
1.1G	./lib64
102M	./libexec
0	./local
57M	./sbin
109M	./src
0	./tmp
2.3G	合計

/home/qmailディレクトリが検索対象外となり/usr/shareを除いた
合計が2.3Gと表示されていることがわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ディスク容量は日に日に増加して、気づけばいっぱいだったなんてことが多々あります。
そんな時の役に立てればなと思います。以上です。


お問い合わせ 採用情報 エンジニアブログ
ISO27001認証
Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.