どんな事でもお気軽にお問い合わせください
0120-803-656
24時間受付いたします

サーバー総合セキュリティ 「Deep Security Cloud with beyond」


「Deep Security Cloud with beyond」について

2キャプチャ

「Deep Security Cloud with beyond」は、
「Trend Micro Deep Security as a Service」のライセンス費用や初期設定代行・
セキュリティルールの追加など、24時間365日の電話・メール・チャットでの
テクニカルサポートをオールインワンでご提供します。

dsaas-top

サーバーセキュリティに必要な機能を一元管理でご提供

サーバーセキュリティに必要な下記6つの機能を提供します。
オペレーションシステム・ネットワーク層・アプリケーション層のセキュリティを提供し、
サーバーの多層防御を実現します。

提供する6個のセキュリティ機能

① IPS / IDS (仮想パッチ)
・仮想パッチ技術を用いて脆弱性を突いた攻撃からサーバを保護します。

② ホスト型ファイアウォール 
・外部からの攻撃を受ける機会を軽減します。

③ 不正プログラム対策 
・マルウェア攻撃からの保護および、不正URLへのアクセスをブロックします。

④ システム上の変更監視
・ファイルなどの改ざんを早期に発見します。

⑤ セキュリティログ監視

・重要なセキュリティイベントを早期に発見します。

⑥ Webレピュテーション
・不正なURLへの接続をブロックします。

「仮想パッチ」による脆弱性の保護

仮想パッチとは例えるならば傷口に貼る「絆創膏」です。

緊急パッチ適用作業はユーザーにとって運用上の負荷であり課題ですが、
仮想パッチ技術で脆弱性を狙う攻撃コードをネットワークレベルでブロックすることで、
Windows・Linuxなど主要なサーバーOSを始め、
Apache・BIND・Microsoft SQL・Oracleなどの100個以上のアプリケーションに対応します。

これにより脆弱性が悪用される前に、緊急パッチ回数を減らし運用負荷も軽減することが可能です。

 「仮想パッチ機能」の優位性

仮想パッチを充てるために「リコメンドスキャン機能」を適応します。
リコメンドスキャン機能とは、エージェントが自動でサーバ内のシステム情報をスキャンし、
サーバー上にある脆弱性の穴を見つける機能です。

そこに対する必要なシグネチャー「仮想パッチ」を自動で適用することで、
結果的にサーバーは、必要な保護だけを適切に自動で受けることが可能となります。

つまりシグネチャ―の適応を自動することができるので、
最小限の運用負荷で、最適な保護を受けることが可能です。

① エージェントがサーバーOS上にある各種情報を取得
「起動サービス・インストールモジュール・設定情報」などを取得します。
それらの情報を基にサーバー内にある脆弱性を見つけ、その情報を管理マネージャに送信します。

② 管理マネージャはサーバー側で発見された脆弱性に対する
シグネチャー「仮想パッチ」のリストをエージェントへ配信します。
結果サーバーの脆弱性は、必要な仮想パッチを用いて必要な保護を受けることができます。

仮想パッチを導入するメリット

ベンダーの正規パッチリリースが遅れても、未然に脆弱性を保護できるので、
正規パッチの適用作業スケジュールを柔軟にコントロールできます。
なので脆弱性が発覚しても、慌てず安心して検証作業がおこなえます。

提供価格

種別 価格 (税別)
初期費用 10,000円  / 1ライセンス
月額費用 25,000円  / 1ライセンス

※ 上記は「Trend Micro Deep Security as a Service」の
ライセンス費用と運用代行費用を含みます。


Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.