【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

いまさら聞けない、トリプルメディアとは何か?

技術営業部の大原です。

前回に開催したビヨンド勉強会では「動画」「Facebook」「プレスリリース」の内容が中心でしたが、

これらをすべて活用することで、「トリプルメディアマーケティング」と呼ばれる、
プロモーション効果が期待できます。
最近よく注目されている「オウンドメディア」も、トリプルメディアのカテゴリーに含まれます。
今回はトリプルメディアに関する内容をご紹介していきます。

 トリプルメディアの分類

オウンドメディア (メディアの発信)

オウンドメディアとは、自社でマーケティングのコンテンツを所有し、
自社の情報を発信するメディア
の総称です。
自社発信のメディア (自社でコントロールできるメディア) は、すべてオウンドメディアに含まれます。

■オウンドメディアの特徴

  • サービスやビジネスモデルのブランディングが可能
  • 見込顧客や既存顧客に対して「理解」を促す効果が期待できる
  • 短期的な集客には不向き
  • ■主な発信メディア

    • WEBサイト(コーポレートサイトなど)
    • ブログ (CMS)
    • パンフレット
    • カタログ
    • ECサイト
    • メルマガ
    • パンフレット
    • セミナー、勉強会
    • 展示会

    また最近の流れでは、オウンドメディアのコンテンツは、
    その会社の資産とも言われるほど重要視され始めています。

    アーンドメディア (メディアの拡散)

    FacebookやTwitterなどのSNSを駆使し、評判の獲得や口コミの効果を狙うメディアです。
    自社のみならず、なんらかの接点があるファン層も含めた全員が発信者となるので、
    情報の拡散と伝播が期待できます。

    ■アーンドメディアの特徴

    • ファン層とのコミュニケーションが可能/li>
    • ファン層へ「共感」を促す効果が期待できる/li>
    • 自社のブランディングやコントロールがしにくい/li>

    ■主な拡散メディア

    • Facebook
    • Twitter
    • YouTube
    • Instagram
    • LINE@ など

    オウンドメディアで作成したコンテンツを、インフルエンサーを把握したうえで、
    うまく情報を伝達することができれば、大きな効果を発揮することもあります。

    ペイドメディア (メディアの仲介)

    広告出稿を外部へ依頼し、情報発信の仲介を担ってもらうメディアです。
    自社のサービスや存在自体を認知されていない状態で、接点を作るのを得意としているメディアなので、
    一般層からの認知を獲得することでき、興味や関心を促すことが期待できます。

    ■ペイドメディアの特徴

    • 短期的に集客や認知の効果を高めることが可能
    • 未認知の一般層へ対して「関心」を促す効果が期待できる
    • コミュニケーションが一方通行で、かつ外部への広告費用が必要

    ■主な仲介メディア

    • 4マス媒体(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)
    • リスティング広告
    • バナー広告
    • SNS広告
    • プレスリリース
    • ニュースアプリ (グノシーなど)
    • デジタルサイネージ など
    • 不特定多数の一般層へのアプローチができるので、
      「オウンドメディア」や「アーンドメディア」では接点を持ちにくい。
      もしくは新しいユーザー層の開拓には有効といえます。

      1キャプチャ

      まとめ

      「発信・拡散・仲介」のメディアを連携させることで、
      コンテンツの発信力がより訴求できるのが「トリプルメディア」です。

      個人的には、ニュースアプリのグノシーが興味あるので、機会があれば出稿してみたいと思います。

      【グノシー PDF資料】

      この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
      0
      読み込み中...
      0 票, 平均: 0.00 / 10
      151
      facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級