【新卒 / 中途採用】サーバー / クラウドエンジニア 募集中!【大阪】

【新卒 / 中途採用】サーバー / クラウドエンジニア 募集中!【大阪】

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【スマホ決済】PayPay ミニアプリ開発サービス

【スマホ決済】PayPay ミニアプリ開発サービス

【メッセージアプリ】LINE アプリ開発サービス

【メッセージアプリ】LINE アプリ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス「Appmill」

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス「Appmill」

【対談記事】彼らはどのようにサービスを移管しているのか?インフラ担当会社ビヨンドと共に内情を明かす

【対談記事】彼らはどのようにサービスを移管しているのか?インフラ担当会社ビヨンドと共に内情を明かす

ビヨンド公式YouTubeチャンネル「びよまるチャンネル」

ビヨンド公式YouTubeチャンネル「びよまるチャンネル」

VMwareのIaaS型クラウド「vCloud Air」 2017年3月31日で国内データセンター終了


技術営業部の大原です。

VMwareが提供しているIaaS型のパブリッククラウドサービス「vCloud Air」が、
「2017年3月31日」で日本ロケーションから撤退することが発表されています。

1キャプチャ

【VMware・日本におけるハイブリッドクラウド事業の方針変更について】

 

「vCloud Air」って?

vCloud AirはVMwareのテクノロジーで構成されたパブリッククラウドです。

特徴は、オンプレミスで稼働しているvSphere環境との高い互換性があり、
ハイブリッドクラウドとしてシームレスに連携・移行できるのが売りにしていたプラットフォームで、
日本でも2014年11月にデータセンターが開設されていました。

「vCloud Air」の今後

既存顧客については、ソフトバンク社と国内パートナー134社が、
他社クラウドプラットフォームの移行先を選定していくようです。
(サービスの新規申込みについては、すでに2016年4月28日で終了しています。)

「vCloud Air」の撤退と「Oracle Cloud] の参入

そういった中で、Oracle社が「Oracle Cloud」で日本市場のシェア獲得を目指しているようです。

imgres
【東洋経済から引用】
http://toyokeizai.net/articles/-/102593

ITシステムの構築におけるコスト優位性や運用の簡易さで、
業界に大きな変革をもたらしているクラウドコンピューティング技術。
2020年には、IT投資の3割がクラウド関連になるとの予測もある。
オンプレミス型(自社で保有するサーバーなどの設備をベースに運用する方式)の
データベースソフトで5割のシェアを誇っているオラクルも、
クラウドでのサービス展開を本格化している。
クラウド化の流れは、ビジネスモデルにどう影響するのか。
また、現時点で先行するアマゾン、マイクロソフト、セールスフォースなどに対して、
後発のオラクルはどうシェアを奪っていくのか。

まとめ

鳴り物入りでクラウドビジネスに参入していた「vCloud Air」ですが、
AWS・Azure・Softlayer・GCPなどの、
日本での外資系パブリッククラウドのシェアを奪えず、
ユーザーが増えなかったのが原因と思いますが、あまりにも早い終焉です。。。

せっかく vCloud Airに移行したのに、また別のクラウド環境へ移行させなければならないので、
ユーザーも大変そうです。。。

ちなみにHP社もパブリッククラウドを提供していましたが、
こちらもサービス発表から2年ほどで、すでに日本から撤退しています。
【ITproから引用】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/102203477/

こうやって見ていくと、
鳴り物入りで、日本でクラウドビジネス参入しても、
2,3年後には「どうなっているかわからない」ということを表しています。
引き続き、「Oracle Cloud」がどうなっていくか?の動向を見ていきたいと思います。


この記事をかいた人

About the author

大原 裕也

毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。