【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

VMwareのIaaS型クラウド「vCloud Air」 2017年3月31日で国内データセンター終了

技術営業部の大原です。

VMwareが提供しているIaaS型のパブリッククラウドサービス「vCloud Air」が、
「2017年3月31日」で日本ロケーションから撤退することが発表されています。

1キャプチャ

【VMware・日本におけるハイブリッドクラウド事業の方針変更について】

 

「vCloud Air」って?

vCloud AirはVMwareのテクノロジーで構成されたパブリッククラウドです。

特徴は、オンプレミスで稼働しているvSphere環境との高い互換性があり、
ハイブリッドクラウドとしてシームレスに連携・移行できるのが売りにしていたプラットフォームで、
日本でも2014年11月にデータセンターが開設されていました。

「vCloud Air」の今後

既存顧客については、ソフトバンク社と国内パートナー134社が、
他社クラウドプラットフォームの移行先を選定していくようです。
(サービスの新規申込みについては、すでに2016年4月28日で終了しています。)

「vCloud Air」の撤退と「Oracle Cloud] の参入

そういった中で、Oracle社が「Oracle Cloud」で日本市場のシェア獲得を目指しているようです。

imgres
【東洋経済から引用】
http://toyokeizai.net/articles/-/102593

ITシステムの構築におけるコスト優位性や運用の簡易さで、
業界に大きな変革をもたらしているクラウドコンピューティング技術。
2020年には、IT投資の3割がクラウド関連になるとの予測もある。
オンプレミス型(自社で保有するサーバーなどの設備をベースに運用する方式)の
データベースソフトで5割のシェアを誇っているオラクルも、
クラウドでのサービス展開を本格化している。
クラウド化の流れは、ビジネスモデルにどう影響するのか。
また、現時点で先行するアマゾン、マイクロソフト、セールスフォースなどに対して、
後発のオラクルはどうシェアを奪っていくのか。

まとめ

鳴り物入りでクラウドビジネスに参入していた「vCloud Air」ですが、
AWS・Azure・Softlayer・GCPなどの、
日本での外資系パブリッククラウドのシェアを奪えず、
ユーザーが増えなかったのが原因と思いますが、あまりにも早い終焉です。。。

せっかく vCloud Airに移行したのに、また別のクラウド環境へ移行させなければならないので、
ユーザーも大変そうです。。。

ちなみにHP社もパブリッククラウドを提供していましたが、
こちらもサービス発表から2年ほどで、すでに日本から撤退しています。
【ITproから引用】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/102203477/

こうやって見ていくと、
鳴り物入りで、日本でクラウドビジネス参入しても、
2,3年後には「どうなっているかわからない」ということを表しています。
引き続き、「Oracle Cloud」がどうなっていくか?の動向を見ていきたいと思います。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
26
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級