【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【ロシア】ロシア対応のサーバー・VPS・クラウドのサービスを調べてみた!

ロシア

技術営業部の大原です。

最近 日本でも中国発祥のクラウドサービスである、Alibaba Cloud(アリババクラウド)」が知名度が上がってきていますが、中国の近くにある「” ロシア ”には そもそもVPS・クラウドのようなサービスは存在するのか?」と、ふと 気になったので調査してみました。

ロシア の インターネット 簡単な歴史

コンピューティングシステムは 1950年代にソ連によって最初に導入されました。

1952年、モスクワの精密機械工学研究所は、レーダーデータの計算と解読にコンピューターネットワークを利用した、自動ミサイル防衛システムの開発に取り組み、このデータは数百km離れた場所にある 様々な拠点と通信しました。

ソ連崩壊後に成立されたロシア連邦は、その国の広大な通信インフラを受け継ぎ、1990年代初頭には経済が変化し、いくつかのインターネットサービスプロバイダー(ISP)が登場しました。

ロシア の ホスティング・VPS・クラウド サービス

あまり日本では ロシア製のサーバー・VPS・クラウド は 目立たないですが、良さそうなサーバーサービスをいくつかピックアップしてみました。

============================================

■ Superbithost
https://www.superbithost.com/offshore-bitcoin-vps/linux/russia

Superbithost は 複数のオフショアロケーションにあるサーバーへのアクセスを含む、様々な専用・共有およびVPSのホスティングプランを提供しています。

各VPSにはフルルートアクセスと24時間365日のサポートが付属されており、ヨーロッパとアジア全体で複数のオフショア型のロケーションを提供しています。

※ 海外のサーバーサービスでは、世界各国のデータセンター・リージョンを間借りし、” オフショア・世界各国対応 ”という形式を取って、自社ブランドとしてサービス展開するケースもあるようです。

============================================

■ FastVPS.ru
https://fastvps.ru/

FastVPS.ru は 2006年に設立され、ロシア・アメリカ・エストニアにオフィスを構えており、独自の社内データセンターを運営・仮想化技術を利用しています。

FastVPSの各ロシアVPSパッケージには、差分データ自動バックアップ・コントロールパネル・一般的なCMSが無料で付属しています。

============================================

■ Pallada Web Service
http://pw-service.ru/

Pallada Web Service は 2014年に設立されたホスティング会社です。ロシアのモスクワにある安全性の高い2,000平方フィートあるデータセンターへ独自のサーバー環境を構築しています。クラウドベースのVPSプランは、WindowsとLinuxの両方のOSで構成できます。

============================================

■ King Servers
https://www.king-servers.com/

King Servers は 2006年に設立され、ロシア・アメリカ・オランダを拠点としたデータセンターにサーバーを維持しており、ビデオストリーミングサービスも同社で扱っています。

============================================

■ WIN-VPS
https://www.win-vps.com/

WIN-VPS は ロシア製のサーバーとしてはそこそこ知名度があるサーバーサービスです。

ハードウェア仮想化をベースにしたWindowsとLinux / BSD VPSが最安値でサービス提供されており、無制限の帯域幅・管理者権限を持つWindowsリモートデスクトップ(RDP)経由のアクセス・コンソールルートアクセス・99.8%のアップタイム保証・24時間テクニカルサポート・システムモニタリング などの機能があります。

Windows / Linux VPSでは、RAID10ディスクアレイを搭載したクアッドプロセッサホストサーバーが使用されており、高速SAS 及び SSDドライブ上に構築されています。

============================================

まとめ

” ロシア製のサーバー ” と言われると、日本ではあまりピンと来ない方が大半(あとちょっと怖いイメージ)かと思いますが、日本のホスティング・VPS・クラウドサービスのように、問題なく利用することができます。

また " ロシア製のサーバー "は、比較的に 低価格でサービス提供されているので、中小規模のWebサイトなどの用途で 最適に利用できそうです。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
2,274
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級