Docker(コンテナ)・Kubernetes(コンテナオーケストレーション)環境の設計・構築・運用

ビヨンドのサービス案内

インフラエンジニアがDocker・Kubernetes環境の設計・構築・運用を支援いたします。

ビヨンドではコンテナ仮想化を用いてアプリケーションを開発・配置・実行するためのオープンプラットフォームである ” Docker ”とオープンソースのコンテナオーケストレーションシステムの ” Kubernetes ” を利用してアプリケーションのデプロイ・スケーリング・自動運用などの機能を提供するインフラ基盤の設計・構築・運用を支援いたします。

Docker(コンテナ)とは、仮想化技術の1つでハイパーバイザーのようにホストOS上にゲストOSを立ち上げるのではなくホストOS上で複数のコンテナを立ち上げカーネルを共有できる技術です。
また、各コンテナはユーザ空間で独立したプロセスとして実行されます。

Kubernetes(コンテナオーケストレーション)とは、ホストOS上に立ち上げた「複数のコンテナ」のスケジューリング・死活監視・ロードバランシングなどを統合的に管理するための技術です。

サーバーレス

ビヨンドのDocker・Kubernetes導入支援サービス

ビヨンドではDocker・Kubernetes環境の設計・構築から運用までサポートいたします。

マルチクラウド対応が可能なビヨンドでは Amazon EKS / Google Kubernetes Engine 等

様々なクラウドでのコンテナ導入サポートを行っております。


低価格 イメージアイコン

ステップ1 ヒアリング・設計

運用が始まってから困ることが無いようお客様のご要望をしっかりとヒアリングさせていただき 適切なKubernetesコンポーネント選定・ログ設計・バックアップ設計など細かい設計までお手伝いさせていただきます。

低価格 イメージアイコン

ステップ2 構築

Kubernetesコンポーネント用のマニフェスト作成、Dockerファイル作成など 設計した通りのコンテナオーケストレーション環境の構築を進めます。

インフラ構築不要 イメージアイコン

ステップ3 運用

クラウド運用保守監視のプロフェッショナルであるビヨンドがサービス外形監視、リソース監視をはじめとして日々変わるコンテンツに合わせたコンテナオーケストレーション環境の変更もお手伝いさせていただきます。

Docker・Kubernetesのメリット

低価格 イメージアイコン

Agility

コンテナはゲストOSがなくホストOSのカーネルを共有しているため オーバーヘッドが少なく起動はもちろんビルドやデプロイも迅速に実行可能です。 また、要求に応じて必要なリソースを迅速に展開できるメリットがあります。 関数実行のためにサーバーを立てるよりも費用を抑えることが可能です。

インフラ構築不要 イメージアイコン

Portability

コンテナはゲストOSがなくホストOSのカーネルを共有しているため
オーバーヘッドが少なく起動はもちろんビルドやデプロイも迅速に実行可能です。
また、要求に応じて必要なリソースを迅速に展開できるメリットがあります。

インフラ構築不要 イメージアイコン

Management

従来のハイパーバイザー環境ではログの管理、データ管理、コンテナの死活監視などをそれぞれのゲストOSに対して適用する必要があります。
Docker(コンテナ)・Kubernetes(コンテナオーケストレーション)環境を利用することでこれらの管理課題を解決することが出来ます。