Snowflake データウェアハウス 構築・運用サービス

Snowflake データウェアハウス 構築・運用サービス について

Snowflake データウェアハウス 構築・運用サービス

クラウド型のデータウェアハウス(DWH)サービス「Snowflake(スノーフレーク)」は、専用のコンピューティングリソースをほぼ無制限にリアルタイムで拡張・縮小したり、マルチクラスターによる同時実行でクエリを高速化するなど、企業 / 組織の用途・課題に応じたワークロードに対応しています。

Snowflake(スノーフレーク)は、ストレージ・コンピューティング・クラウド サービス の各レイヤーを別々に物理的に分離された「3層設計」の構成を、論理的に単一に統合された データプラットフォームシステム として、無停止のスケーリングを実現する、独自技術のアーキテクチャとなっています。

また、Snowflake(スノーフレーク)では、 AWS や Azure・GCP の クラウドプラットフォームを指定して、それぞれのインフラ上で Snowflake のサービスを稼働させることも可能です。

ビヨンドの「Snowflake データウェアハウス 構築・運用サービス」であれば、Snowflake(スノーフレーク)の データウェアハウス(DWH)導入・設定・運用までの技術サポートを、オールインワン・フルサポートでお客様へご提供いたします。

Snowflake サービス詳細 Snowflake(スノーフレーク)

▼ このような ご要望にお応えいたします ▼

・ 電話やチャットなど、色々な手段を使って 問い合わせをしたい。
・ サポートへの問い合わせ回数は無制限で対応してほしい。
・ 課題解決型のアプローチで技術支援をしてほしい。
・ サービスへの影響範囲が大きいなど、早期解決を望む課題にタイムリーな応答を期待したい。
・ ユースケースや環境、要件を考慮したアドバイスが欲しい。
・ できる限り、ムダな運用コストを低減したい。
・ 様々なクラウド、マルチクラウドに精通したナレッジを受けたい。
・ 本来のサービス開発に専念し、ビジネスの価値を創出することに集中したい。・・・etc

Snowflake データウェアハウス 構築・運用サービス の内容

データウェアハウス(DWH)導入の要件 や 現在の課題、導入にあたっての懸念点などをヒアリングし、お客様にとって最適なプランをご提供いたします。

また Snowflake(スノーフレーク)の導入後は、データウェアハウスの設定や機能に関するヘルプデスクを提供し、Snowflake(スノーフレーク)によるデータ分析基盤の運用をサポートいたします。

● ビッグデータ 分析基盤 設計・構築

Snowflake データウェアハウス 構築入・運用 項目 メール / 電話 / チャットによるサポート(平日:10時~19時) Snowflake アカウント作成 / 設定 Snowflake パラメータ 追加 / 変更
Snowflake の サービス・機能に関する サポート / アドバイス Snowflake 利用料 請求代行(日本円・請求書払い) -

※ 上記にない サポート の内容で、ご要望がありましたら別途ご相談ください。
※ 本サービスの最低ご利用期間は 3ヵ月 です。