クラウド型 WAFサービス「攻撃遮断くん」

攻撃遮断くん について

「攻撃遮断くん」は、クラウド型のWAFサービスです。
WebサイトやWebサーバーへの攻撃を遮断し、情報漏えい・Web改ざん・サーバーダウンを狙った攻撃などの脅威から、企業とユーザーを守ります。
クラウド型サービスの為、保守・運⽤に⼿間を掛ける事なく、24時間365⽇の⾼セキュリティを実現します。

攻撃遮断くん サービス詳細 攻撃遮断くん

攻撃遮断くん の特徴

● ニーズに応じた「2タイプ」のWAFをご提供

防御対象のサーバーにインストールしたエージェントが、攻撃遮断くん 監視センターへログを随時送信し、
その後エージェント側が攻撃遮断くん監視センターから遮断命令を受けて攻撃を遮断する「エージェント連動型WAF」と、
防御対象サービスのDNSを、攻撃遮断くんWAFセンターに切り替えて攻撃検知・遮断をおこなう
「DNS切り替え型WAF」の2タイプで、あらゆるWebサービスへのセキュリティ強化を可能にしています。

● AIによる攻撃検知技術「Cyneural」

ディープラーニング(深層学習)を用いた攻撃検知AIエンジン「Cyneural」は、
Webアクセスや多くの攻撃手法の研究で培ってきた知見を活用した特徴抽出エンジンを用いています。

エンジンにおける複数種類の学習モデルを構築することで、
一般的な攻撃の検知はもちろん、未知の攻撃の発見、誤検知の発見を高速に行います。

● 管理画面

「攻撃遮断くん」は リアルタイムでサイバー攻撃を可視化し、攻撃元IPや攻撃種別などを管理画面で把握することができます。
目には見えないサイバー攻撃を可視化することで、より適切な状況把握と情報共有が可能となり、
サーバーにエージェントとキーをインストールするだけで、さまざまな攻撃データを可視化できます。

「2タイプ」が選択できるクラウド型WAF

● サーバーセキュリティタイプ(エージェント連動型)

クラウド上の監視センターにログを送信するためのエージェントをお客様サーバーへインストールし、送信されたログをもとに攻撃の検知・遮断命令を出します。
攻撃の検知・遮断の最中でも、WAF導入によるサーバー性能の低下やサイトを訪れるユーザーへのレスポンス低下がないので、トラフィック容量の大きなコンテンツを提供している Webサービスを運営にオススメです。

● DDoSセキュリティタイプ(DNS切替型)

お客様のサービスにアクセスするユーザーとお客様のサーバーとの間にWAF センターを設置し、http/https通信を通る不正なアクセスを検知・遮断します。
お客様のDNS(ドメインネームシステム)を弊社が運営する WAFセンターに切り替えることですぐにご利用いただくことができます。

 

タイプ別の特徴

タイプ別の特徴 エージェント連動型 DNS切替型(SaaS)
サービス名 サーバーセキュリティタイプ DDoSセキュリティタイプ
導入方法 エージェントインストール DNSの切り替え
ネットワーク構成の変更 不要 不要
管理画面
シグネチャカスタマイズ
コメント付きレポート
サイバー保険付帯
Web改ざん検知オプション

※ DDoSセキュリティタイプ 1サイトプランをご契約のお客様は対象外です。

主なセキュリティ機能(タイプ別)

タイプ別のセキュリティ機能 エージェント連動型 DNS切替型(SaaS)
ブルートフォースアタック
SQLインジェクション
クロスサイトスクリプティング
ディレクトリトラバーサル
OSコマンドインジェクション
改行コードインジェクション
コマンドインジェクション
LDAPインジェクション
ファイルインクルード
URLエンコード攻撃
その他 Web攻撃
DDoS攻撃 -