AWS WAF 自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」

WafCharm(ワフチャーム)ロゴ

WafCharm(ワフチャーム)について

「WafCharm(ワフチャーム)」はAIによってAWS WAFのルールを最適化させるWAF自動運用サービスです。

累計導入サイト数・導入社数 国内No.1(※1)の実績を持つ「攻撃遮断くん」で培った数千億件のビッグデータをもとに、AIがお客様のシステム構成やアクセス状況によって最適なシグネチャを判別し、自動運用いたします。

また、国内トップクラスの開発エンジニアによる24時間365日(※2)の技術サポートや個別カスタマイズにも対応しており、お客様の要望に合わせた柔軟なサービスをご提供いたします。

WafCharm(ワフチャーム)運用イメージ

WafCharm(ワフチャーム)のコンセプト

AWS環境にベストな本格WAFをご提供、より強力な防御を実現します

  • お客様のシステム環境に合わせた最適な防御ルールをAIが自動的に選択します。
  • 数百ものシグネチャで、より強力な対策を実現。独自IPレピュテーションによるBlacklist自動運用をしているため、Blacklistの運用も不要です。

AWS WAFを手放しで自動運用、今まで以上に楽にセキュリティ対策をおこえます

  • 専用機器の設置やDNSの切り替えなどが不要です。
  • AIによる自動運用のため、お客様が煩雑な設定作業をする必要がありません。
  • 新たな脆弱性が発覚した場合も、「WafCharm(ワフチャーム)」のセキュリティリサーチャが監視しているため、即時に新規シグネチャを適用いたします。

安心の日本語サポートで、いつでも気軽にご相談できます

  • 日本国内で開発を行っているため、サポートも全て日本語で対応いたします。
  • 24時間365日(※2)の技術サポートを利用することが可能です。
  • FAQから誤検知対応まで丁寧に対応いたします。

こういった方へオススメ

AWS WAF単体の運用に不安を感じる方

自社にあったルールの作り方がわからない

累計導入社数・導入サイト数No.1のクラウド型WAF「攻撃遮断くん」の防御ノウハウを
フル活用しているため、効果の高いルールを自動で作成いたします。

導入後の運用、新規脆弱性への対応が不安

  • 専門のセキュリティリサーチャが脆弱性の情報を収集しているため、新たな脆弱性が発覚した場合もスピーディーに対応します。
  • 24時間365日の日本語サポートによって安心してご利用いただけます。
  • シグネチャカスタマイズ時の検証・評価も不要です。

AWS WAF+Managed Ruleの運用に課題を感じる

各アプリケーションで対応できるか不安

ルールをホワイトボックスで設定いたします。
お客様ごとに個別ルールでカスタマイズすることも可能なため、複雑なアプリケーションにも柔軟に対応いたします。

誤検知した場合のルールのメンテナンスが不安

24時間365日(※2)サポートが対応するため、誤検知した場合もWafCharm(ワフチャーム)サポートデスクがお客様に併せた柔軟なメンテナンスをいたします。
防御性能を下げないことを第一に考え、Webサイトに合わせたカスタマイズ対応をいたします。

※ 記載されている会社名および商品名は、それぞれ各社の商標および登録商標です。

※1:出典
「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2017年8月25日現在)<ESP総研調べ>(2017年8月調査)
※2:24時間365日の技術サポートは、一部プランのみ対象となります。