【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【15周年記念 特設サイト】ビヨンドは「2022.4.4」で15周年を迎えました!

【15周年記念 特設サイト】ビヨンドは「2022.4.4」で15周年を迎えました!

マーケティング勉強会を開催しました!

広報の藤沢海です。

3月7日(水)に9ヵ月ぶり11回目のビヨンド勉強会を開催しました。
テーマは「マーケティング」です。

私自身初めての勉強会で初めての司会を任せられ
緊張のせいか顔にニキビがたくさんできましたが、
あたたかい参加者さまのおかげでなんとか進行をすることができました。

そんな勉強会のレポートです。

第1セッション 株式会社ビヨンド

「マーケティングによって外に出なくてよくなったBtoB営業の話」

弊社からは技術営業部の中内が登壇しました。

今まで行ってきたマーケティング活動は

  • リスティング広告
  • HPリニューアル
  • 勉強会
  • ブログ
  • 展示会
  • Twitter・Face book
  • スポンサー
  • メルマガ

など成果のあったものからまだないものまで様々です。

メルマガやSNSなどは、
こちらが発信しているだけで実際に誰か見てくれているのかな…?という不安が常にありますが、
BtoBはやり始めてから結果に繋がるのに1年ほどかかると言われているので、
早々に「これは意味ない!」と決めつけてしまうのもダメなのかなと思います。

マーケティングに正解はないと思うので、
これからもいろいろな活動にチャレンジしていきたいと思っております。

第2セッション 株式会社Be&Do

「マーケティングwith働き方改革~Web中心へ!営業しない体制づくりと施策に挑戦中!」


笑顔がステキな取締役COOの橋本さんにご登壇いただきました。

株式会社Be&Doは
組織・チームを強くするがんばり可視化アプリ「Habi*do(ハビドゥ)」を提供しており、
働き方改革を実践しながらマーケティング活動を行っています。

社内全体でマーケティングに取り組んでいるためスペシャリストはいません。
そこで取り入れているのは『学ぶ=真似ぶ』ということ。

他社のWebサイトやダウンロード資料を参考にしたりセミナーに積極的に参加するなどして

  • 他社との比較ページの作成
  • ダウロード資料のバリエーションを増やす
  • ブログでコンテンツ紹介
  • 「Habi*do(ハビドゥ)」のチラシ作成

といった様々なマーケティング活動に取り組んでいます。

また、MAツールにも力を入れており、

  • HTMLメルマガを配信
  • ポップアップをいくつか作って試す

などコンテンツを増やしながら顧客管理を行っています。

現在、弊社はMAツールをあまりうまく使いこなせていないため、
橋本さんの『真似ぶ』ということを自社でもどんどん実践していこうと思いました。

第3セッション 株式会社hm solution

「Webサイト戦略を考える上で知っておくべきこと」

トリはマーケティング・ディレクターの植山さんです。

株式会社hm solutionはWebサイトの企画・制作を行っており、
システム・アプリ開発やECコンサルティングにも取り組んでいます。

Webサイトを構築する上で心がけることは『サイトの目的を明確にすること』
サイトを見ている人の目的は基本的に1つなので、
複数の目的を持たせ過ぎてはいけません。

そして誰が見ても誤った判断をしない絶対基準である
『戦略メッセージ』を決めること。

戦略を構築するには、

  1. 戦略(サイトの目的)
  2. 要件(戦略を伝えるためのコンテンツ)
  3. 構造(サイト構造図)
  4. 骨格(画面設計)
  5. 表層(デザイン)

この順番で考えていき、サイトを作っていきます。

サーバーサポートのLPを作成しようとしたときに
戦略を持たないままデザインのことから考えてしまっていたので、
植山さんのお話を聞いて自分が間違っていたことに気づかされました。
まずは戦略メッセージを決めること、
次にそのメッセージをどうやって伝えるかを考えていきたいと思います。

まとめ

マーケティングに正解はないですが、
成功談や失敗談を含めて情報交換をしていくことによって
正解に近づくことはできるはずです。

今回の勉強会でも
自分のやり方が間違っていたことに気づけたり、知らなかったことを教えていただけたので、
1歩マーケティングに近づけたのではないかと思います。

まずは色々なことを真似しながら試しつつ、
さらにマーケティング活動に力を入れていきたいです…!

おわりに・・・
「経営者通信Online」に弊社代表取締役 原岡のインタビューが掲載されました。
サーバーサポートの活用事例などを詳しく紹介させていただいております。
ぜひご一読ください!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
124
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

藤沢海

2017年11月にビヨンドに中途入社。
お笑い業界の裏方から未経験でIT業界に飛び込む。
広報・採用・マーケティングを担当し、YouTube動画の制作にもハマっている。
AWSプラクティショナー と AZ-900(Azure) の資格をなんとか取得したことがある。
プリキュアと筋トレが好き。