ビヨンドの想い

Mind

サーバ運用の大切さ

エンジニアの価値と技術を提供する

サーバー・インフラというものは、ただ構築したものを提供してそれだけで終わりではありません。
お客様のサービスが稼働してからこそが本番です。

サーバー・インフラは「水道・電気・ガス」に代表されるような、世の中のライフラインのインフラと同じように、決してシステムが止まることが許されない ”生命線” と考えます。

お客様のサービスを安定して稼働させるためには、かならずシステムの運用を手掛ける「人」が存在します。昨今におけるシステムの自動化やインフラの仮想化など、どんなに世の中のIT技術が進歩したとしても、その仕組みを造るのもまた「人」の力です。

皆さんが普段よく見ている世の中のWebサイトやシステム・アプリなどは、24時間365日ビヨンドのエンジニアたちによって守られ支えられています。サーバー運用は直接的には見えにくいサービスですが、お客様にとって ”縁の下の力持ち”として「エンジニアの価値」を提供し、お客様に必要とされ続けるのが、ビヨンドのサーバー運用です。

サーバ運用 イメージ画像

1%の可能性を追求し続ける姿勢

お客様にとって強力なパートナーであり続ける

ビヨンドは AWSやGCP・IDCF Cloud などの様々なクラウドの最新技術を駆使して、
お客様へ一環した対応力の深さを提供するエンジニア集団、
マルチクラウドインテグレーターです。

お客様が抱える課題は、ビヨンドの課題として捉え、パートナーとして共に悩み・考え、
お客様のサービスを支える柱の一つとして、サーバー・インフラの安定稼働を追求いたします。
今までに培った経験・ノウハウ・技術のすべてはお客様のためにあります。

1%の可能性も見逃さない熱意とスピーディーなレスポンスでお客様の想いを形にするために、エンジニアの豊富な経験と実績・信頼をベースに安定したサービスをお約束します。

1%の可能性を追求し続ける姿勢 イメージ画像

サーバーは ” 家づくり ” と同じ

最初のサーバー設計・構築から、お客様と一緒に考えます

ビヨンドのサーバー・インフラの設計・構築では、作業工程の中で「設計」「構築」のフェーズを特に重要視します。

サーバーの設計と構築は ” 家づくり ” と同じで、インフラ構成の要件がまとまってからの仕様変更は、お客様にとっても大きな時間と労力が必要となるからです。

ビヨンドでは最初のご提案の時点からサーバー設計・構築の部分を手掛けるエンジニアがお客様と直接お打ち合わせをし、必要な機能や仕様を決めていくスタイルなので、必然的にコミュニケーションロスが少なくなります。

サーバー構築・運用保守のことはエンジニアという専門家のパートナーと一緒に動くことが作業工程の短縮に繋がり、結果として総予算の低コスト化へつながります。

サーバーは ” 家づくり ” と同じ イメージ画像