【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【ゲーム会社】1人当たりの売上高TOP20

技術営業部の中内 ana 慎二です。

前回上場しているゲーム会社の従業員数、平均年齢、平均勤続年数、平均年収をランキング形式で書きましたが、今回は1人当たりの売上高をランキング形式で書いていきます!!

前回の記事 ⇒ ゲーム会社のランキング4部門 あの会社の平均年収は・・・

1人当たりの売上高が多い順

Earning

※ 各社直近の有価証券報告書より年間の数字になります。

売上高とは、平たく言うと企業が本業で上げた売り上げのことです。企業の業績を見る上で一番基本となる指標です。

スクウェア・エニックス、バンダイナムコ、コナミ、セガサミー、コーエーテクモ、などはゲーム会社と言えばみたいな企業ですが、持ち株会社(ホールディングス)なので今回は除外しました。

1人当たりの年間売上高億越えが9社もありますね。中でも従業員1000人オーバーの任天堂、DeNAが入ってきてることに凄さを感じます。

こんだけ従業員がいて1人1人が高いパフォーマンスを維持してるってことですからね。
(あくまで平均ですが。。。)

アカツキの躍進

そしてもう一つ個人的に注目したのが、今年の3月に上場したばかりのアカツキが11位にランクインしてます。

「サウザンドメモリーズ」と「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」(バンダイナムコエンターテインメントとの協業)など複数タイトル当たってることも要因になってるんでしょう。

ただ、億越えもすぐそこまで来てますが、今後はAR、VR、新規事業などへの投資フェーズに入ると言う事ですので今期は少し下がりそうです。

参考 ⇒ 平成28年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

最後に

1人当たり売り上げが1億を超えるって、とんでもないことですよね。

因みにゲーム会社だけでなく全ての会社では(持株会社を除く)、1人当たりの売上高日本一はトーメンデバイスという会社で1人当たり16億です。もう訳が分かりません。

上場はしてませんが、株式会社でらゲー(モンスト作った会社)は凄いんじゃないかと思ってます。トーメンデバイスは軽く超ると個人的には思ってます。

お後がよろしいようで!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
421
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

中内 慎二

調理師専門学校を卒業後、飲食店に調理師とし2年半勤務。
その後金融業界で11年営業に従事しました。
2013年ビヨンドに入社し現在は技術営業部と管理部を兼任しています。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner