【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

子供連れでも楽しめる!大阪エヴェッサ観戦!!

ビヨンドの原岡です。

先日、大阪エヴェッサの試合を初観戦してきました。
今回小さい子供を連れて家族で観戦に行ったので、大丈夫かな?という思いもあったのですが、
行った結果非常に楽しめました!
その他チケットの買い方や行き方などを調べたのでこちらに記載します。

チケットの買い方

BリーグのチケットはBリーグの公式ページから購入できます。
https://www.bleague-ticket.jp/index

価格表はこちら
https://www.evessa.com/ticket/price/
事前に前売りチケットを買っておくと700円引きになるようです。

ちなみに今回は特別チケットにて観戦させていただきました。

行き方

今回の試合はエヴェッサのホームである府民共済SUPERアリーナです。
https://www.evessa.com/team/arena/super.html

場所は舞洲という人口の埋め立て地なのですが、
大阪に住んでる人でもなかなかいかない辺鄙な場所にあります。
電車が通ってないので結構不便なんですよね。

公共交通機関で行く場合はユニバーサルスタジオジャパンの一駅先、桜島からさらにバスで15分です。
地下鉄中央線のコスモスクエアからもバスが出てるんで大阪市内から行く場合はこちらのほうが便利かもしれません。
こちらは到着まで20分
あと環状線の西九条駅からも出てますが、本数が少ないのと時間が30分かかるので上記2つの方が行きやすい気がします。

時刻表はこちら
http://maishima.jp/access/

今回は小さい子供を連れての観戦だったので車で行ってみました。
結構ぎりぎりについたので駐車場に停められるかな?と思いましたが、
さすがに施設内の駐車場は満車でしたが、
アリーナにすぐ隣に併設している駐車場に停めることができました。
料金は2時間400円で非常に良心的お値段でした。
子供連れの場合は乗り換えが結構大変なので、車で行くのが一番よさそうです。

試合について

前に観戦した中内が書いている通り、とにかく選手が近いです。
プロ野球やJリーグに比べてとにかく近くでプレーが見れるので
かなり臨場感がありゲームにのめりこむことができます。

選手の表情まで見れるのでその辺はかなり良かったです。

B.LEAGUE観戦が面白い3つの理由

応援はこれだけ言えればOK
①オーサカエヴェッサ! チャチャッチャチャッチャ
②ディーフェンス!

小学生低学年と幼稚園児2人を連れて行ったので、
途中で飽きるかな?と思っていましたが、一緒に応援したり
ゲームの臨場感なんかもあり最後まで飽きずに応援してくれてました。

いまだに家で
おーさかえべっさ~
と言っていたりするので、割と気に入ってくれたようです。

演出について

バスケって4つのクォーターのインターバルやタイムアウトが多く、試合がよく中断されるのですが、
その時に毎回チアガールが登場してパフォーマンスしてくれるので、まったく飽きがこないです。

タイムアウトは3種類です。「60秒タイムアウト」→前半2回、後半3回取ることができます。
「20秒タイムアウト」→ゲームを通じて2回取ることができます。
「オフィシャルタイムアウト(90秒)」→第2Q、第4Qで、それぞれ残り5分を切り、
最初にプレーがとまった後、レフリーがタイムアウトを告げます。

参考:http://b-compass.net/guide/rule/

娘はチアリーダーがお気に入りで、試合よりもむしろチアが登場すると喜んでキャーキャー言ってました。

また会場内の音響や派手な電飾の演出があったり、

チームのマスコットキャラクターまいど君が登場したり


腕につける光る腕輪?がピカピカしたりとこちらもかなり楽しいです。

ハーフタイム中に子供が参加できるフリースロー大会や
試合後に子供がコートに入って光るボールを飛ばす演出なんかもありかなり満足して帰りました。

 

試合時間は2時間かからないくらいなので、
時間的にも子供を連れていきやすい時間かなと思います。

 

試合は10点差で負けてしまったので、
最後の盛り上がりはイマイチだったのですがそれでも十分に楽しめました!
今度は是非勝ち試合に応援に行きたいです!!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
914
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

原岡昌寛

株式会社ビヨンドの代表取締役です。

Oracle DBA(UNIX、Linux、Windows SeverでDBのお世話)
⇒Linuxエンジニア(DCでサーバー、FW、L3などをまるっと構築・運用)
⇒クラウドエンジニア(マルチクラウドAWS、GCP、Azure等)
⇒経営者

趣味は読むこと。マンガ、ネット小説、ビジネス書などなんでも読みます。最近ソロキャンプをはじめました。