【経営者になろう】MG研修に参加してきました!


こんにちは、株式会社ビヨンドの坂下です!

株式会社ビヨンドでは、年に1回MG(マネジメントゲーム)研修という社員研修を行っております。

先日2018年度のMG研修を開催しました!私も初めて参加致しました!!

今回は、株式会社PourVous様と合同で開催いたしましたので、その模様をお伝えします!

マネジメントゲーム(MG研修)

マネジメントゲーム(MG)とは

マネジメントゲームとは、昭和51年に開発された経営シミュレーションゲームで、

簡単に言いますと、みんなが社長になって、経営戦略を考え、会社を経営するゲームです。

写真のような専用のゲーム盤があり、参加者は、製造業の社長という設定で、

そのゲーム盤を用いて製品の製造や販売を行います。

その後、その取引を帳簿に記帳して、

財務諸表(貸借対照表・損益計算書・キャッシュ・フロー計算書)にまとめていきます。

1卓6人で、グループをA,B,C分けてゲームを行います。

1期毎に、時間もしくは取引数が規定の数に達したら、ゲーム終了。

その後、財務諸表を作成し、決算を行います。

チームは、売上高順に期ごとにグループが変わり、

5期分を朝9時から夜19時頃までみっちり2日間で行いました!

MG研修開始!

最初の1期は、ルールを理解するために先生の言われた通りにゲームを進め、

1期が終わった状態で、みんな疲れが顔に出ています…。本当にとても疲れました…。

実際自分たちで行うのは、2期目から!!

2期目は、ルールの理解もあいまいな状態で、ゲームのペースにもついていけず、大変でした。

製品の販売は、競りになるのですが、悩み過ぎると競りをできずに終わってしまうので、

すぐに決定する力が凄く大事です。

2期目の結果、私は利益を出せずに赤字……。

自己資本は残っていたので、倒産せずに済みましたが、借金をしました。

財務諸表を作成するのが凄く大変で、ほとんどの方が電卓を片手に悩みながら、完成させています!!

私は、4期目より一番売上が高いAグループでゲームをしたのですが、

シニアルールという上級者向けのルールが追加され、ついていくだけでとても大変です…。

戦略もジュニアルール以上に考えないといけないので、2日間で久しぶりに頭をフル回転させました!(笑)

ゲーム終了!今回の表彰へ!

MG研修では、ことがら表彰があります。

自己資本が高い順、各期ごとに売上が高かった順、財務諸表の計数力が高い順等々、

色んな順位の発表があり、5期分が終了後、今回の表彰式が行われました。

表彰されたのは、なんと今回初参加の弊社システムソリューション部の中川剛でした!

自己資本が300を超えた方が1名しかおらず、独占1位の表彰でした!

日頃より本当にゲーム上手な中川ですが、今回もその才能を発揮しておりました!

おめでとうございます!!

ちなみに私も、一番売上の高いチームで2期分生き残ることができたので、表彰されました!やったー!!

セミナーを受けて私が感じ取ったもの

今回の研修目的が「自分で意思決定すること」だったので、

その目的を意識しながら、ゲームを進めていました!

MG研修の中では、「意思決定」の回数が凄く重要で、

同じ金額や条件で始めても、一回一回の意思決定で経営が変わっていき、

売上や利益も変わっていくので、経営者の意思決定次第なんだと深く感じました。

MG研修は、「25期で経理がわかる。50期で経営がわかる。

75期で戦略がわかる。100期で人間がかわる。」と言われています。

それぐらいMGっていうのは影響力のあるゲームなのだと感じました。

今回のMG研修を終え、弊社のメンバー全員が1回は研修に参加しました!

今後もMG研修の回数を重ねて、全社員が経営に対して考え、

会社を育てていけるように頑張っていきます!!


この記事をかいた人

About the author

坂下友梨絵

管理部に所属。社内のことは、何でもお任せ!
社内の行事やイベントについて書いています♪