クラウド型WordPress「WebSpeed(ウェブスピード)」をリリース

ビヨンドは、WordPressを使ったWebサイトに特化したクラウドサービス「WebSpeed(ウェブスピード)」を2022年4月11日(月)にリリースしました。

Webサイトの「高セキュリティ・高速化」に必要な機能を標準実装しており、セキュリティ・サーバーのことを意識することなく、Webサイト/システムの制作・開発に専念いただけます。

WebSpeed サービスサイト:https://webspeed.ne.jp/

高セキュリティなWebサイトを迅速に作成

近年リモートワークの増加によりオンラインの需要が高まっている中、多くの業界が自社のWebサイトを制作し、ECサイト・メディアサイト・予約システムなどを提供しています。一方で、サイトの改ざんや悪意のある攻撃によるサーバーの障害など、Webサイトの運用にはセキュリティやインフラ面を意識しなければいけません。そこでビヨンドは、「サーバー/セキュリティに関する専門の知識がない」「Webサイトの運用に時間が割けない」といった課題を抱えている方に向けて、WordPressの機能に特化したクラウドサービス「WebSpeed」を開発いたしました。

必要な機能はすべて事前にセットアップしており、サービスの申込み後すぐに高性能なWordPressが利用できるため、サーバー/セキュリティの構築・運用、WordPressのセキュリティアップデートなどを意識することなく、Webサイト/システムの制作・開発に注力いただけます。

独自のサービス機能を備えたWebSpeed

WebSpeedはすぐに使えるだけでなく、インターネット攻撃の防御・サイト表示の高速化・サービス料金の固定制 など、Webサイト/システムの制作・開発におけるあらゆる利便性の向上を追及しています。

1.WordPressプリインストール対応

最初からWordPressがインストール済の環境を利用できるため、すぐにWordPressの管理画面から、Webサイト/システムの制作・開発をスタートできます。

2.WAF・CDN機能を標準実装

Webサイト/システムの高セキュリティ・高速化に必要な、WAF・CDN の機能が標準実装されているので、インターネットを介した攻撃の防御・サイト表示のキャッシュ機能などを利用するための、別途の追加料金は必要ありません。

3.WordPressプラグインアップデート

堅牢なセキュリティを維持するには、WordPressプラグインのアップデートは欠かせません。プラグインの自動更新・アップデート機能により、常に最新のセキュリティ状態を保ちます。

4.PHPバージョンの任意選択

サービスお申込み時に、Webサイト/システムの仕様・環境に沿って、3パターンのPHPバージョンから任意で指定することができるので、お客様・企業が求める Webサイト/システムの幅広い要件に対応しています。

5.SSL/TLS・DNSを標準提供

SSL/TLS証明書とDNSが無料でご利用いただけます。

6.データ転送量 従量課金なし

独自のクラウド/サーバー基盤で稼働するため、従来のクラウド型のサーバー・サービスにあるようなWebサイト/システムへのアクセスに伴う、毎月のデータ転送量の従量課金はありません。また、ネットワーク帯域も無制限でご利用いただけます。

初期費用は不要、クラウド/サーバーのノウハウを駆使した新サービス

ビヨンドは創業以来、様々なWebサービスのクラウド/サーバー構築・運用を手掛けてきました。 これまで培ってきた技術力とノウハウを結集し、安全・快適なWordPressのクラウドサービスを提供することで、お客様のサービスを支え続けます。

初期費用は不要、Webサイト制作をご検討の方はサービスページからお問い合わせください。

WebSpeed サービスサイト:https://webspeed.ne.jp/