世界200ヶ国以上の国と地域に対応した、 法人向けグローバル eSIM サービス「ビヨンドSIM」の提供開始

クラウド / サーバー事業を提供する株式会社ビヨンド(本社:大阪府大阪市浪速区、代表取締役:原岡 昌寛、以下「ビヨンド」)は、世界200ヶ国以上の国と地域に対応した、法人向けグローバル eSIM サービス「ビヨンドSIM」を提供開始しました。

eSIMとは

eSIM とは、組み込み型のSIMカードのことで、物理SIMカードとは違いデバイスに組み込まれたチップやソフトウェアによってSIM情報を管理する技術です。ユーザーがSIMカードを挿し替える必要がなく、バーチャルな形態でSIM情報を保存し、リモートでデータをアップデートすることができ、様々なデバイスに対応しやすいという利点を持ったSIMになっています。

複数の回線を使い分けることや利用者のニーズに合わせて一次的に利用するなど柔軟に対応できることも特徴です。

eSIM は 100%デジタル完結であり再利用できるため、物理SIMの製造・廃棄で発生する環境への負荷を減らし、使い捨てのSIMカードに代わる持続可能な代替手段として期待されています。

eSIMの現状

世界的に見ても物理SIMからeSIMへの移行が進むなど、eSIM市場が急成長しており、eSIM のプロバイダーの参入が相次いでいます。

また、eSIMは、モバイル通信業界だけではなく、車載デバイス、IoT、スマートホームなどの様々な分野に波及しており、シームレスかつ柔軟な接続ができるため、新たなビジネスモデルやサービスが生まれ、国内でも大きな変革をもたらす期待も高まっています。

ビヨンドがeSIMを提供する背景

ビヨンドは海外のカナダ・中国に拠点を構え、現地で事業をおこなっておりますが、特に海外への長期出張や駐在の際には、現地でのデータ通信や電話回線の準備、また利用料金にまつわる問題に直面する機会がありました。仕事で海外出張・長期駐在に行かれる方で同様の課題を持つ方がいるのではないかと考え、まずは法人向けサービスとして提供いたしました。

今後、eSIM業界はさらに拡大していくと予想される中で、今まで以上に様々な分野での活用が見込まれるであろう業界に参入することで、新たなビジネスモデルやサービスの創出を目指していきます。

ビヨンドSIMについて

今回ビヨンドが新しく提供する「ビヨンドSIM」は、世界200ヶ国以上の国と地域に対応した eSIM であり、データのローミング料金も削減できる海外旅行や海外出張・海外駐在者にとって、便利なサービスです。

これまで多く利用されてきた物理SIMカードは、海外対応した SIM を申込後に自宅への配送を待つ、空港などで購入する、Wi-Fiルーターをレンタルして常に持ち歩くなどの手間が発生していました。

ビヨンドSIMであれば、普段使用しているスマートフォンをそのまま使うことができ、申込後は簡単にオンライン接続が可能なことや、状況に応じて自由にプランを切り替えたり、データ容量を追加するなど柔軟に対応することが可能になります。

また、eSIM のインストールとアクティベーションまで数分で完了することができ、自国で使うようなモバイル通信環境でインターネット接続をおこなうことができます。

サービスの詳細については、下記のサービスページをご覧ください。

● 法人向けグローバル eSIM サービス「ビヨンドSIM」
https://beyondjapan.com/service/beyond-esim

会社概要

● 株式会社ビヨンドについて( https://beyondjapan.com )
-
代表取締役:原岡 昌寛
本社所在地:大阪府大阪市浪速区難波中1-10-4 南海SK難波ビル3F
設立   :2007年4月4日
資本金  :900万円
事業内容 :クラウド / サーバー事業・システム開発事業・Webサービス事業