【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

イベント集客について

技術営業部の大原です。

最近ビヨンドでは、おかげさまでIT系の勉強会を開催する機会が多くなってきましたが、
今回はイベント集客についてお伝えするので、ご参考にしていただければと思います。

■ イベント集客のポイント

○ イベントのキャッチコピー

ブログと同じように、これが肝になる部分です。どんなに内容の濃い、力を注いだ勉強会を企画しても、そのイベントが目に留まってもらわないと意味が無いですよね?
なのでまずは、目に留まるような「キャッチコピー」を決めることが集客の第一歩です。(これが一番むずかしいところでもあります。。。)

○ アイキャッチ画像

イベントのイメージを植え付けたい場合は、視覚的な効果を出すために、面白い画像を使うのも手です。(このブログのアイキャッチ画像を参照です)

○ イベントの目的を明確に

何が目的で勉強会を開催するのかを明記するのも大切です。
ただ「勉強会を開催します!」では、参加する側にとっても、参加するメリットがイメージしずらいかと思います。

○ その他

「セミナー」というフレーズは使わずに、「勉強会」や「カンファレンス」などの言葉を用いる。

イベント開催日は、他のイベントと被らないように、事前に他のイベント日程をリサーチする。

月末や月初、週末は集まりにくい。

などなど、他にも色んな細かい要素はありますが、まずは「集客のタイトル」を考えることに時間を使ってみてはいかがでしょうか?

またイベント集客において、個人的にこれは良かった!と感じた、オススメのIT系イベントの集客ツールを紹介します。

■ Doorkeeper

https://www.doorkeeper.jp/

ドアキーパー

○ 特徴

  • 見た目がシンプルでわかりやすい。
  • ゆるい感じの勉強会や交流会まで開催されている。
  • 「イベント」「クラウド」など、検索しやすいようにタグをつけることができる。

■ connpass

http://connpass.com/

こんぱsss

○ 特徴

  • Twitterとも連動しているので、参加予約の情報をフォロワーにも自動告知ができる。主催者側が一気に集客したい時はいいかも?
  • エンジニアやプログラマー等の人たちが、本気で勉強するようなイベントが多い。(交流会メインのイベントは少ないかな?)
  • コミュニティページで、ちょっとしたWEBサイトを作成できる。

■ SlideShare

http://www.slideshare.net/

slideshare

イベントが終了したあとは、イベントで使用した発表資料などをSlideShareにアップしておけば、
イベントに参加できなかった人・次回のイベント参加を考えてる人にも、「この会社のイベントは、どういった内容のイベント」であったかを伝えることができるので、
次回にイベント集客にも繋げることができます。

その他の使い道としては、いつでも資料のダウンロードができるので、お客様先でのプレゼン資料としても活用することができます。

■ まとめ

  • イベント集客はタイトルが肝心。
  • 主催者や参加者の人たちと、勉強しながらワイワイやるなら 「Doorkeeper」
  • 新しい技術の知識習得でガッツリ勉強したい人は 「connpass」
  • イベントが終了後は「SlideShare」にアップする

ちなみに集客ツールは個人の方でも、無料でイベント告知や集客ができるので、
IT系のオフ会などに使ってみても面白いと思います!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
60
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級