【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

Fluentdで正規表現のチェックをする「Fluenter」

インフラエンジニアの伊藤です。
Fluentdってログ集めるには便利なツールなのですが、
いかんせん面倒なのが正規表現の確認。

調べていると、正規表現をチェックするスクリプトを設置して
正規表現の設定をしていく、ということを言うサイトが多いのですが、
こんなサイトがありました。

Fluentular: a Fluentd regular expression editor

使い方はとっても簡単です。

fluentular1

まずは正規表現を入力して、parseしたいログを書き込みます。
時間のフォーマットを指定する場合は「Custom Time Format」に入力しておきましょう。

「Parse」をクリックすると、画面の下に結果がでます。

fluentular2

自動でコンフィグファイルの設定が出力されます。

かつ、「Data Inspector」でデータがパースされていることが確認できると思います。
正規表現の書き方が悪かった場合は、Data Inspectorの中身が空になります。

ただこれだけ。簡単ですね。

Fluentular: a Fluentd regular expression editor

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
2,417
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author