【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

Windows Server 2016 ライセンス体系 ガイド

技術営業部の大原です。

サーバーライセンスの Windows Server 2016 のライセンス体系について記載します。
※ 2017年6月時点の記事ですので、今後に料金体系や仕様が変更される場合があります。

「プロセッサライセンス」から「コアライセンス」へ

Windows Serverのライセンスを購入するときは、
Windows Server 2012R2までは「プロセッサライセンス」での課金でした。

この「プロセッサライセンス」というのはサーバーの「CPU」(ソケット)の数量です。
サーバーに搭載されているCPUの数量に併せて、
Windows Serverのライセンスも課金されていました。

Windows Server 2016 では「CPU単位」での購入ではなく、
「コア単位」で購入に改変されています。

ライセンス課金のルール

まずライセンス購入時の前提条件として 下表のように定められています。

上記のライセンス体系を踏まえた上で、
「コアあたり、何ライセンスを購入すれば良いのか?」というのが、

下記の計算式となります。

■ 最低購入コア数:16コア
■ 1ライセンスあたり:2コア (1ライセンス購入すると、2コアがパックになっている)

なので 最低購入数の16コアを購入する場合は、
8ライセンスが最低購入数となります。

その他

■ Windows Server 2016 を 2012 にダウングレードさせ使用することは可能。

■ Windows Server 2016 も CAL (User or Device) は必要です。(SPLA版では除く)

※Windows Server 2016 のCAL は、2012のWindows Serverに使用できますが、
Windows Server 2012 のCALで、Windows Server 2016 に使用することはできません。
もし 既に購入している Windows Server 2012 CAL を そのまま使用したい場合は、
Windows Server 2016 を 2012 にダウングレードさせて使用すれば良いです。

※ちなみにDBライセンスの
「Microsoft SQL Server 2016」 も、Microsoft SQL Server 2012 にダウングレードさせることが可能。

まとめ

Windows Server 2016 のライセンスを購入するときに、
ライセンス体系や課金形式を忘れてしまったときに、本記事を参考にしてもらえれば嬉しいです。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
862
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級