【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

CentOS6でPython2.7.11とPython3.5.1を使える環境構築

Webチームの後藤です。

CentOS6にはデフォルトでPython2.6 が入っていますが、使用したいパッケージが対応していないとか、
単純に新しいのを使ってみたいとかで別バージョンを入れたくなります。

しかし、yumとかfirewalldとかPythonで書かれているソフトウェアもあるので、
よく知らないでバージョンアップするのも怖いですね。

そこで、 virtualenv を使用して2系の最新版 2.7.11 と 3系 の最新版 3.5.1の2つを使える環境を作る手順を書き記します。

(※2016年2月現在の最新版)

ちなみにvirtualenvって?

virtualenv とはPythonの仮想環境を構築することのできるツールです。

違うバージョンは勿論、同じバージョンで違うパッケージをインストールした別々の環境を用意することもできます。

pipを利用してインストールすることができます。

ところでpipって?

Pythonのサードパーティ製パッケージをインストールするのに使用するコマンドです。

Python3.4とPython2.7.9以降であれば、Pythonインストール時に同時にインストールされますが、
CentOS6の標準のPythonは2.6なので、まずはpipをインストールしないといけません

手順1. pip インストール

$ yum groupinstal "Development Tools" #pipインストールに必要
$ yum install zlib-devel openssl-devel #pipインストールに必要
$ wget http://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
$  ./get-pip.py 

これでpipがインストールできました。

$ pip list

とか打ってみて、現在Pythonに入っているパッケージが表示されたりしたら大丈夫です。

手順2. virtualenv インストール

$ pip install virtualenv

これだけです。pip便利。

#How to use
$ virtualenv 環境名          #カレントディレクトリに環境作成
$ source 環境名/bin/activate #virtualenv環境の有効化
$ deactivate                 #virtualenv環境の無効化

こんな感じに使えるようになります。使えるようになりますが、もちょっと簡単にするために、virtualenvwrapperをインストールします。

virtualenvwrapperを入れることで、virtualenv環境の切り替えをシンプルにできます。

手順3. virtualenvwrapper インストールと設定

$ pip instal virtualenvwrapper 

~/.bashrc に下記を記述します。

 export PROJECT_HOME=/path/to/project/home
export WORKON_HOME=/path/to/work on/home
source`whichvirtualenvwrapper.sh`

これでvirtualenvwrapper が使えるようになりました。

あとはこれを使用して環境を作るだけです。Python達をインストールしましょう。

手順4.Python2.7.11 , Python3.5.1 インストール

2.7.1 のインストール

$ cd /opt
$ curl -O https://www.python.org/ftp/python/2.7.11/Python-2.7.11.tgz
$ tar zxf Python-2.7.11.tgz
$ cd Python-2.7.11
$ ./configure --prefix=/opt/python2.7.11
$ make
$ altimake nstall

3.5.1のイントール

$ cd /opt
$ curl -O https://www.python.org/ftp/python/3.5.1/Python-3.5.1.tgz
$ tar zxf Python-3.5.1.tgz
$ cd Python-3.5.1
$ ./configure --prefix=/opt/python5.3.1
$ make
$ make altinstall

 手順5. 環境を作成しよう

$ mkvirtualenv --python <使用するPythonのパス> <環境名>

で作成できるのでこんな感じで作成します。

$  mkvirtualenv --python /opt/python2.7.11/bin/python2.7 env_27
$  mkvirtualenv --python /opt/python3.5.1/bin/python3.5 env_35 

以上で環境構築は完了です。

あとは使い方ですが、以下のように打つとプロンプトの前に環境名が付きます。

#Python2.7の場合
$ work on env_27
#Python3.5の場合
$ work on env_35
#Python2.7の場合
(env_27)$
#Python3.5の場合
(env_35)$

例えばenv_27の状態でpythonコマンドをたたくと python2.7.11 が起動しますし、
env_27の状態で「pip install」すると、env_27環境のみパッケージがインストールされます。

あとよく使うコマンドとしてはこんな感じですかね。

$ workon #環境一覧
$ workon 環境名 #環境の実行
$ deactivate #環境の停止
$ rmvirtualenv 環境名 #環境の削除

これで色々試したい放題になりますね! enjoy coding!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
3,178
facebook twitter はてなブックマーク
【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author