Thunderbirdの受信トレイで差出人の表示が変わってドキッとするので元の表示に戻す


こんにちは。
開発チームのワイルド担当、まんだいです。

ThunderBirdの自動アップデートを有効にしていると、いきなり画面構成が変わってドキッとする瞬間、ありますよね。
バージョン45に自動アップデートされた時、差出人のカラムが通信相手になっていて、矢印の向きで送信か受信か認識する形になっていて、ん?と思いました。
せっかくの新機能ですが、差出人がスパっと出ていないと頭が混乱するので、なんとかしたい!

なんとかしましょう!

やり方は簡単

やり方は簡単で、件名や通信相手、送信日時が並んでいるヘッダを右クリックするだけで、どれを表示するか選択できるのでした。

受信トレイだと、下の画像のような作業で元通りです。

check_point

簡単な設定ですが、オプションなど、見当違いなところを確認したりして、少々時間を食ってしまいました。

久しぶりにリリースノートを見て思いましたが
メールソフトとしては、もう追加する機能なんてないんじゃないかと思うくらい高機能なThunderBirdですが、地味に粛々と機能を追加しているようです。

Thunderbird 45.0 リリースノート

傍から見ていると何の脈略もないでしょうが、私は生涯ThunderBirdを使い続けようと思いました。

以上です。


この記事をかいた人

About the author

萬代陽一

ソーシャルゲームのウェブ API などの開発がメイン業務ですが、ありがたいことにマーケティングなどいろんな仕事をさせてもらえています。
なおビヨンド内での私の肖像権は CC0 扱いになっています。