【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

使うだけでLinuxを支援できる、Linux Credit Cardというものがあるようです

こんにちは。
開発チームのワイルド担当、まんだいです。

実は私が知らなかっただけなんですが、使うだけで、Linux Foundationを支援できる、Linux Credit Cardというものが!
すごいクレジットカードがあるもんですね!

何がすごいのか?

まずはLinux Credit Cardを作ります。
すると、この時点で50ドルがLinux Foundationに支払われます。
作るだけでLinux開発に貢献できるわけですね。
(正確には、作ってから、90日以内に50ドル以上のカード利用があった場合)

さらに、Linux Credit Cardを使います。
すると、使用額の数パーセントがLinux Foundationに支払われます。

こんな感じなので、使えば使うだけ、Linux Foundationに寄付しているようなもの、という訳です。

果たして、カード会社に旨味はあるのでしょうか?
という疑問も湧くわけですが、とりあえず作るだけでも、十分な貢献になるんじゃないでしょうか。

なお、このカードにまつわるお金は、Linux Foundationの運営に使われ、決してリーナス先生の懐に入るわけではないと名言されています。

ボーナスポイントを貯めれば、商品券や航空券など、100を超えるオンライン特典がゲットできるようで、この辺りは普通のクレジットカードでもありがちな特典ですね。

また、

  • 年会費無料
  • 低金利
  • 購入保証
  • カードを不正に使われてしまった場合の保護
  • 困った時のキャッシングサービス
  • 紛失や盗難にあった際のレポート
  • 24時間いつでも対応してくれるロードサービス
  • Warranty manager service (これは購入商品の保証ということでしょうか? 自信なし・・・)
  • 荷物を紛失した際の交換 (何と交換でしょうか?)

と、盛りだくさん。というか、クレジットカードでありがちな機能や特典は一通り備わっているというべきでしょうか。

普段お世話になっているLinux Foundationに貢献する機会ですし、早速カードを作ろう・・・と思ったら。

The Linux credit card is available only to U.S. residents. Unfortunately, due to a lack of partners to work with to expand the program to other countries, we do not plan to expand the program at this time.
(Linux Credit Cardはアメリカに居住している方のみ利用可能です。残念ながら、パートナー不足のため、他の国へこのプログラムを広げていく計画は、現在のところありません。)

ズコー!

シティーバンクのような全世界規模で展開している銀行なら、日本で流通する可能性もあったでしょうが、今回パートナーになった銀行は、UMB銀行という、ミズーリ州カンザスシティにある銀行。
アメリカに移住する事があれば、是非とも作ってみたいカードのお話でした。

アメリカ在住のエンジニアの方はぜひ。

The Linux Credit Card | The Linux Foundation

以上です。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
155
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

萬代陽一

ソーシャルゲームのウェブ API などの開発がメイン業務ですが、ありがたいことにマーケティングなどいろんな仕事をさせてもらえています。
なおビヨンド内での私の肖像権は CC0 扱いになっています。