【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

おいしい節税!ふるさと納税を始めよう

こんにちは、ビヨンドの坂下です。

みなさんは、ふるさと納税を始めていますか?

年々注目度が高まっているふるさと納税ですが、どんなものかご存知でしょうか?

今回は、ふるさと納税の仕組みや魅力を簡単にご紹介します!

ふるさと納税って?

ふるさと納税は、自治体への「寄付」制度

ふるさと納税とは、厳密にいうと納税ではなく、自分が応援したい自治体へ『寄附をする』ことで、

寄附金に応じた税の控除を受けられる仕組みです。

複雑な手続きは不要で、寄附金の使い道も指定できます。

「お礼の品」として特産品を贈る自治体もあり、欲しい品を選択することができます。

毎年多くの方が利用する、魅力たっぷりの制度なのです!

3つの魅力的なポイント

ふるさと納税の魅力は、3つあります!

1.税金の控除が受けられる!

寄付した金額は、税金控除の対象となるため、実質2000円の負担だけです。

残りの寄付金は、その年の所得税より還付、翌年度の住民税より控除されます。

2.自治体の特産品をもらえる!

寄付のお礼として、自治体から地域の特産品がもらえます。

3.好きな自治体へ寄付ができる!

寄付先や使い道を選べるので、全国にある都道府県、市町村、好きな所に寄付することができます。

自分の住んでいる町や好きな自治体に貢献し、地域の発展に協力できるのです。

寄付の仕組み

簡単にふるさと納税の流れをご説明します。

  1. 寄附をしたい地域の自治体を選び、寄付をする
  2. 地元農家や事業者が支援される
  3. お礼品や受領証明書が届けられる
  4. 確定申告をして、住民税の減額や所得税の還付を受けられる

流れとしては、こんな感じです!

返礼品は早い所では数週間ほどで届きます。

ただし、人気が高いものは数ヶ月待つこともあります!

寄付金額には気を付けよう!

ふるさと納税が、好きな自治体やお礼の品が選べて、

税金も安くなるお得な制度であることは

理解いただけたと思います。

「寄付をたくさんして、税金を安くしよう!」

って思っている方!!

ここで注意することがあります!

 

ふるさと納税自体は、納税の義務があるわけではないので、自由に行える寄付です。

なので、いくらでも無制限に寄付することができます!

ただし!!税金が控除対象になる金額は、年収によって上限額があるんです!

上限額は、給与収入(年収)や家族構成で異なるため、事前に確認しましょう!

まとめ

・ふるさと納税をしないとむしろ損!!

・寄付したお金が、税金控除として返ってきます!

・直接自治体へ寄付ができます!

・寄付額の控除には、上限があるので、ご注意を!

 

ふるさと納税は、リスクが少ない節税方法です!

まずは実際にやってみて、お礼品をもらう楽しさを感じてください。

人気の特産品は年末が近付くにつれ、どんどんなくなっていくので、早めに選ぶことをおすすめします!

ふるさと納税は、寄付する側、寄付される自治体、両方にメリットがありますので、

条件等を確認して、楽しくふるさと納税を活用してください。

今後、ふるさと納税を利用する人が増え、地域の活性化が高まっていくといいですね。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
457
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

坂下友梨絵

2014年入社。管理部所属。
管理部門(バックオフィス部門)として、総務・人事労務・経理など、社内に関する業務全般を行っています。
採用担当として、学生さんともお話する機会がありますので、ビヨンドに興味がある方はぜひお話しましょう。