【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【まとめ】Oracle Cloud(オラクルクラウド) の 概要・特徴【ポイント】

技術営業部の大原です。

今回は「Oracle Cloud(オラクルクラウド)」の概要・特徴・ポイントのまとめ記事です。
(2018年10月時点の情報です)

Oracle Cloud(オラクルクラウド)」 の概要

OracleCloud(オラクルクラウド)の特徴・まとめ

■2019年に東京リージョンが開設予定(OracleCloud自前のリージョン)

■ エンタープライズ系に代表される
大規模でミッションクリティカルなワークロードに対応できる前提で設計・開発されたクラウド。

■ Oracle DBのクラウド版「Oracle Database Cloud Service(PaaS)」は、
Oracle DBと同じ性能が担保されており、PaaSならではの自動化・効率化機能がビルトインされている。
(数クリックでチューンナップされたOracleDBが準備できる)

■ 標準でOracle DBの表領域暗号化・バックアップ・パッチ適応の機能が搭載されている。

■ PaaSでありながら、OS管理権限の機能が利用可能。

■ エンタープライズレベルのサポートが クラウド利用料に含まれている。

■ 既存のオンプレミス・データセンターとの連携・接続機能。

■ 仮想マシン(VM)の他、専有のベアメタルサーバーもクラウドで提供され、
瞬時のサーバー払い出し、スケールイン・アウトが可能。

■ OracleのDWH「Oracle Autonomous Database Cloud」は、
次世代版のOracle Databaseである「Oracle Database 18c」を搭載。

■「自律型データベース」なので、DBチューニング・パッチ適用・アップデート・メンテナンスが不要。
ダウンタイムを自動的に保護する自動修復機能が搭載されている。

■ データ転送量(アウトバウンド)は「10TB/月」まで無料。
(アベイラビリティ・ドメイン内のデータ転送量は無料)

■ ストレージ(Block Storage)の性能
IOPS:なし
性能:60IOPS / GB(標準)
最大IOPS / インスタンス:最大40万IOPS

■ CPUは物理なので、Oracle Cloudと他社クラウドのCPU(Core数)を
比較・算出するときは「約 1/2」を目安として計算する。

[例]
他社クラウド:16vCPU
Oracle Cloud:8core

■ クラウドであっても インスタンス1台に対して Core数 で算出する必要がある。
またOSで WindiowsServer を利用する場合も core数 で算出する。
※ オンプレミス版のコアライセンスと同じ概念。

「Oracle Cloud(オラクルクラウド)」と「AWS」のサービス対応表

Oracle Cloud(オラクルクラウド)と Amazon Web Service(AWS)が提供している
サービスごとの対応表です。

Cloud Service Oracle Cloud Amazon Web Service(AWS)
Compute(IaaS) Oracle Cloud Infrastructure Amazon EC2
Serverless Functions / IaaS Orchestration / Stack Maneger AWS Lambda
Loadbalancer Load Balancing Service Elastic Load Balancing
Storage Object Storage / Storage CS Amazon S3
Database DBCS / MySQL CS Amazon RDS
Database(NoSQL) NoSQL CS / Bigdata CS / MongoDB on Compute Amazon DynamoDB
DWH Autonomous Database Cloud service Amazon Redshift
Networking VCN
(VPN-CS / Fast connect)
Amazon VPC
DNS OCI Edge Amazon Route53
Cache Compute + Redis(Marketplace) Amazon ElastiCache
App Services(PaaS) Messaging CS Amazon Simple Queue Service
Management Tools Standard Monitoring FunctionOracle Amazon CloudWatch
Cloud Automation IaaS Orchestration /
Stack Manager
AWS CloudFormation
Analytics (Distributed)
Bigdata CS /
Oracle Analytics CS
Amazon EMR
Analytics (Streaming Event Hub CS / SOA CS /
Oracle Analytics CS
Amazon Kinesis

まとめ

2019年中にはOracle社が自前で東京にデータセンター(リージョン)を開設し、
同年に大阪リージョンも開設されるという発表もありましたので、
現在のOracleユーザーで Oracle Cloud に移行したいという企業には朗報かも知れません。

「Oracle Cloud (オラクルクラウド)」のクラウド設計・構築・運用保守・監視なら、
ぜひ ビヨンド までお問い合わせください!

>>>【お問い合わせはコチラから】<<<

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
4,234
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級