【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

CloudWatch アラームを Teams・Chatwork に通知してみた!

目次

*らぁめん真(大阪府茨木市)

こんにちは!
株式会社ビヨンド大阪オフィスのラーメン王、ヒデです。
今回が4回目の投稿です。

この記事では、最近僕が案件でも実装した、CloudWatch アラームを Teams・Chatwork に通知する方法ついてご紹介します。

前回のブログ記事では、AWS認定資格 SAA(ソリューションアーキテクト アソシエイト)の勉強方法に関する記事も書いてるので、ぜひ興味ある方は見てくださいね!

【受験者必見】AWS認定資格 SAA(ソリューションアーキテクト)の勉強方法を教えます!!

構成図

構成図は上記になります。

CloudWatch で EC2 のメトリクスを取得して、アラームが発生すれば SNS に通知します。そして、SNS は CloudWatch から送られてきた様々な値を Lambda に送信します。

Lambda はその値を整形して各コミュニケーションツールに送信するという流れになります。
様々な AWS リソースを使うので難しく感じますが、簡単に実装できるので一緒に頑張りましょう!

構築手順

① Lambdaを作成

①-①:Lambda > 関数 > 関数の作成をクリック

①-②:以下情報を指定して【関数の作成】をクリック

● 関数名:お好きな名前を指定してください
● ランタイム:Python3系を指定してください

①-③:コミュニケーションツール別にコードを貼り付ける

*Webhook URL や認証トークンなどをコードに直接書きたくない場合は、環境変数を設定してください

●  Teams 用コード

#!/usr/bin/python3.8
import boto3
import json
  
from urllib.request import Request, urlopen

#WebhookURLを代入
HOOK_URL = "https://xxxxxxxxxxxxxxxx"
  
def lambda_handler(event, context): 
  
  #本番アラーム
  #message = json.loads(event['Records'][0]['Sns']['Message'])
  #subject = event['Records'][0]['Sns']['Subject']
   
  #アラームテスト
  message = {"AlarmName":"test-CPUUtilization","AWSAccountId":"xxxxxxxxxxx","NewStateValue":"ALARM","NewStateReason":"Threshold Crossed: 1 out of the last 1 datapoints [1.8083480560463125 (xx/xx/xx xx:xx:xx)] was less than or equal to the threshold (80.0) (minimum 1 datapoint for OK -> ALARM transition).","StateChangeTime":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","Region":"Asia Pacific (Tokyo)"}
  subject = "ALARM: test-CPUUtilization in Asia Pacific (Tokyo)"
  
  #アラーム情報
  alarm_name = message["AlarmName"]
  new_state = message["NewStateValue"]
  reason = message["NewStateReason"]
  alarm_time = message["StateChangeTime"]
  account_id = message["AWSAccountId"]
  region = message["Region"]
  alert_url = "https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/cloudwatch/home?region=ap-northeast-1#alarmsV2:alarm/%s" %alarm_name
  
  alert_msg = {
    'title': "%s" %subject,
    'text': '<br>アラーム名: %s' %alarm_name +
    '<br> ステータス: %s' %new_state +
    '<br> アラーム理由: %s' %reason +
    '<br><br> アラーム発生時刻(UTC): %s' %alarm_time +
    '<br> アカウントID: %s' %account_id + 
    '<br> リージョン: %s' %region +
    '<br><br> アラームURL:<br> %s' %alert_url
  }

  #辞書型を文字列に変換してHTTPリクエストを生成
  req = Request(HOOK_URL, json.dumps(alert_msg).encode('utf-8'))

  #送信
  urlopen(req)

● Chatwork 用コード

#!/usr/bin/python3.8
import boto3
import json
import urllib
 
from urllib.request import Request, urlopen
 
#ルームIDを指定
room_id = 'xxxxxxxxxxx'

#トークンを指定
tokun = 'xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx'

chatwork_URL = "https://api.chatwork.com/v2/rooms/%s/messages" %room_id
 
def lambda_handler(event, context): 
 
  #本番アラーム
  #message = json.loads(event['Records'][0]['Sns']['Message'])
  #subject = event['Records'][0]['Sns']['Subject']
   
  #アラームテスト
  message = {"AlarmName":"test-CPUUtilization","AWSAccountId":"xxxxxxxxxxx","NewStateValue":"ALARM","NewStateReason":"Threshold Crossed: 1 out of the last 1 datapoints [1.8083480560463125 (xx/xx/xx xx:xx:xx)] was less than or equal to the threshold (80.0) (minimum 1 datapoint for OK -> ALARM transition).","StateChangeTime":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","Region":"Asia Pacific (Tokyo)"}
  subject = "ALARM: test-CPUUtilization in Asia Pacific (Tokyo)"
   
  #アラーム情報
  alarm_name = message["AlarmName"]
  new_state = message["NewStateValue"]
  reason = message["NewStateReason"]
  alarm_time = message["StateChangeTime"]
  account_id = message["AWSAccountId"]
  region = message["Region"]
  alert_url = "https://ap-northeast-1.console.aws.amazon.com/cloudwatch/home?region=ap-northeast-1#alarmsV2:alarm/%s" %alarm_name
 
  alert_msg = {
    'body': 
      '[info][title]%s[/title]'%subject+
      'アラーム名: %s'%alarm_name +'\n'+
      'ステータス: %s'%new_state +'\n'+
      'アラーム理由: %s'%reason +'\n'+
      'アラーム発生時刻(UTC): %s'%alarm_time +'\n'+
      'アカウントID: %s'%account_id +'\n'+
      'リージョン: %s'%region +'\n\n'+
      'アラームURL: %s'%alert_url +
      '[/info]'
  }
 
  headers = {
    'X-ChatWorkToken': '%s' %tokun
  }

  #クエリ文字列を生成
  data = urllib.parse.urlencode(alert_msg)
  
  #文字コードを変換
  data = data.encode('utf-8')

  #HTTPリクエストを生成
  req = Request(chatwork_URL, data,headers)

  #送信
  urlopen(req)

※ 補足:各コミュニケーションツールのメッセージ記法

● Teams
https://docs.microsoft.com/ja-jp/microsoftteams/platform/webhooks-and-connectors/how-to/connectors-using?tabs=cURL

● Chatwork
https://developer.chatwork.com/docs/message-notation

● AWS
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/sns-lambda-webhooks-chime-slack-teams

①-④:【deploy】をクリック

①-⑤:【Test】をクリック

①-⑥:以下情報を指定して【保存】をクリック

● イベント名:お好きな名前を指定してください
● テンプレート-オプション:sns-notification

①-⑦:【Test】をクリック

①-⑧:テストアラームが通知されているか確認する

● Teams

● Chatwork

①-⑨:本番アラーム通知用に変数を以下のように編集する

  #本番アラーム
  message = json.loads(event['Records'][0]['Sns']['Message'])
  subject = event['Records'][0]['Sns']['Subject']

  #アラームテスト
  #message = {"AlarmName":"test-CPUUtilization","AlarmDescription":"null","AWSAccountId":"xxxxxxxxxxx","AlarmConfigurationUpdatedTimestamp":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","NewStateValue":"ALARM","NewStateReason":"Threshold Crossed: 1 out of the last 1 datapoints [1.8083480560463125 (xx/xx/xx xx:xx:xx)] was less than or equal to the threshold (80.0) (minimum 1 datapoint for OK -> ALARM transition).","StateChangeTime":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","Region":"Asia Pacific (Tokyo)","AlarmArn":"arn:aws:cloudwatch:ap-northeast-1:xxxx:alarm:test-CPUUtilization","OldStateValue":"OK","OKActions":[],"AlarmActions":["arn:aws:sns:ap-northeast-1:xxxxxxxx:test"],"InsufficientDataActions":[],"Trigger":{"MetricName":"CPUUtilization","Namespace":"AWS/EC2","StatisticType":"Statistic","Statistic":"AVERAGE","Unit":"null","Dimensions":[{"value":"i-07876365e6af5774f","name":"InstanceId"}],"Period":300,"EvaluationPeriods":1,"DatapointsToAlarm":1,"ComparisonOperator":"LessThanOrEqualToThreshold","Threshold":80.0,"TreatMissingData":"missing","EvaluateLowSampleCountPercentile":""}}
  #subject = "ALARM: test-CPUUtilization in Asia Pacific (Tokyo)"

② SNS を作成

②-①:SNS > トピック > トピックの作成をクリック

②-②:以下情報を指定して【トピックの作成】をクリック

● タイプ:スタンダード
● 名前:好きな名前を記入してください

②-③:【サブスクリプションの作成】をクリック

 

 

②-④:以下情報を指定して【サブスクリプションの作成】をクリック

● プロトコル:Lambda
● エンドポイント:*以下を参照してください

*lambdaのARN情報場所

作成した関数 > 関数の概要の右端に、関数のARNがあるので、そこからコピーしてください。

②-⑤:ステータスを確認

③ CloudWatch を作成

*EC2は作成している前提で進めていきます。

③-①:Cloudwatch > アラーム >【アラームの作成】をクリック

③-②:お好みのメトリクスを選択

③-③:アラーム条件を選択

*アラームが発生するように設定してください。

③-④:通知設定

③-⑤:アラーム名を指定する

③-⑥:【アラームの作成】をクリック

④ アラーム通知テスト

④-①:アラーム状態になっているか確認する

④-②:アラームが通知されているか確認する

● Teams

● ChatWork

 ※ 補足:
・CloudWatchのアラーム情報をすべて確認したい場合、以下のように変数 alert_msg の中身を編集すれば、参照することができます。

■ Teams

  alert_msg ={
    "text":"%s" %message
  }

■ Chatwork

  alert_msg = {
    'body': '%s' %message
  }

【出力結果】

{"AlarmName":"test-CPUUtilization","AlarmDescription":"null","AWSAccountId":"xxxxxxxxxxx","AlarmConfigurationUpdatedTimestamp":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","NewStateValue":"ALARM","NewStateReason":"Threshold Crossed: 1 out of the last 1 datapoints [1.8083480560463125 (xx/xx/xx xx:xx:xx)] was less than or equal to the threshold (80.0) (minimum 1 datapoint for OK -> ALARM transition).","StateChangeTime":"xxxx-xx-xxTxx:xx:xx.xxx+xxxx","Region":"Asia Pacific (Tokyo)","AlarmArn":"arn:aws:cloudwatch:ap-northeast-1:xxxx:alarm:test-CPUUtilization","OldStateValue":"OK","OKActions":[],"AlarmActions":["arn:aws:sns:ap-northeast-1:xxxxxxxx:test"],"InsufficientDataActions":[],"Trigger":{"MetricName":"CPUUtilization","Namespace":"AWS/EC2","StatisticType":"Statistic","Statistic":"AVERAGE","Unit":"null","Dimensions":[{"value":"i-xxxxxxxxxxxxxx","name":"InstanceId"}],"Period":300,"EvaluationPeriods":1,"DatapointsToAlarm":1,"ComparisonOperator":"LessThanOrEqualToThreshold","Threshold":80.0,"TreatMissingData":"missing","EvaluateLowSampleCountPercentile":""}}

まとめ

お疲れ様でした!

今回はアラーム内容を各コミュニケーションツールに通知する方法をご紹介しました!

Slack は AWS Chatbot を活用すると簡単にアラームを通知できますが、Teams・Chatwork に送信する機能が CloudWatch・SNS にないため、難しいですがアラームを通知する場合はこのようにします。

また、コードを編集すれば、処理に応じてメッセージを送信することもできます。アラームを通知する際は、ぜひ活用してくださいね!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
4
読み込み中...
4 票, 平均: 1.00 / 14
5,494
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ヒデ@インフラエンジニア

超面白かった面接がきっかけで。
大阪のシステムソリューション部に中途入社した人
サーバー・クラウドの構築や運用を業務としています!
一応、LPIC1・AWS SAA・OCI Architect Associateを資格は持っています

実はラーメンが大好きで
大阪では100店舗以上潜入調査済み(。-∀-) ニヒ
ビヨンドのラーメン王を目指し奮闘中!!

Twitterもやっているのでフォローしてね(´∇`)
右角のTwitterマークをクリック!!