Amazon Linux 2 サーバー移行ソリューション

2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了

AWS が提供する Linux OS「Amazon Linux 2」が、2025年6月30日にサポートが終了(EOL)するため、多くのユーザーにとって大きな課題となっています。

AWS による Amazon Linux 2 のサポート終了後も、 Amazon Linux 2 の を用いたサーバー環境を引き続き利用することは可能ですが、セキュリティパッチやアップデートが提供されないなどの、様々なセキュリティリスクが高まります。

スケジュールに余裕をもって、サーバー環境のデータ移行(マイグレーション)を推奨いたします。

Amazon Linux 2 サポート終了後に考えられるリスク

● 攻撃者からのターゲット ●


脆弱性に対するセキュリティパッチの提供や更新されなくなるため、セキュリティホールを悪用した攻撃を実行される可能性が高まります。

● ​システムトラブルの増加 ●


新しい機能やセキュリティ機能が追加されなくなるため、稼働中のシステムやアプリケーションの動作に支障をきたすリスクが増加します。

● 運用維持コストの増加 ●


サポートが終了したシステムやアプリケーションを維持するためのメンテナンスなど、運用コストが増加する可能性があります。

Amazon Linux 2 サーバー移行ソリューションについて

ビヨンドでは、ゲームやアプリ・ECサイト・メディアサイト・デジタルコンテンツなどの、Webサービスやオープン系のシステム用途で利用される、クラウド / サーバー環境の設計・構築、24時間365日の運用保守・監視を得意としているため、 AWS および Amazon Linux を用いた、サーバー環境の構築・運用をおこなうケースが多数あります。

そういった中、Amazon Linux 2 のサポート終了に伴い、Amazon Linux 2 の代替・後継となる Linux OS の構築・移行・運用に関するご相談を多くいただいております。

ビヨンドの「Amazon Linux 2 サーバー移行ソリューション」であれば、AlmaLinux OS などの Linux OS を用いた、クラウド / サーバー導入・設計・構築・移行、24時間365日の運用保守・監視までの技術サポートを、オールインワン・フルサポートでお客様へご提供いたします。

クラウド / サーバーに関する専門的な知識や技術を保有するエキスパートが、お客様のシステムやアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑え、運用コスト削減のメリットをご提供いたします。

● AWS クラウド インテグレーション
● AWS 構築・運用保守・監視サービス
● AWS 運用監視サービス(24時間365日)
● AlmaLinux OS サーバー設計・構築サービス

Amazon Linux 2 サーバー環境からの移行をサポートいたします

・ 24時間365日、必要なときに時間を選ばずに問い合わせをしたい。
・ 電話やチャットなど、色々な手段を使って 問い合わせをしたい。
・ サポートへの問い合わせ回数は無制限で対応してほしい。
・ 課題解決型のアプローチで技術支援をしてほしい。
・ システムへの影響範囲が大きいなど、早期解決を望む課題にタイムリーな応答を期待したい。
・ ユースケースや環境、要件を考慮したアドバイスが欲しい。
・ できる限り、ムダな運用コストを低減したい。
・ 様々なクラウド、マルチクラウドに精通したナレッジを受けたい。
・ 本来のサービス開発に専念し、ビジネスの価値を創出することに集中したい。・・・etc

Amazon Linux 2 サーバー移行ソリューションの内容

クラウド / サーバー設計・構築・移行

お客様のシステム要件に応じた、新しいクラウド / サーバー環境の設計・構築のために、ホスト数・スペック、インストールするOS / ミドルウェアのバージョン・サブネット・セキュリティポリシーなどのインフラ設計が定義されたあとは、そのインフラ設計の内容に基づいて、クラウド / サーバーの構築作業をおこなっていきます。

新しいクラウド / サーバー環境の構築が完了したあと、現行のシステム環境から新しいシステム環境へのデータ移行作業をおこないます。もちろん、データベースのデータが問題なく反映されているかどうか、システムの動作に問題がないかどうかなど、重要なポイントもしっかりとチェックいたします。

クラウド / サーバー環境へのデータ移行が完了しましたら、クラウド / サーバーへのログイン情報・設定情報の一式をお渡しいたします。

● クラウド / サーバー設計・構築
● クラウド / サーバー移行・マイグレーション

 

クラウド / サーバー 設計・構築・移行 項目

クラウド / サーバー 構成 設計 サーバーマシン セットアップ OS / ミドルウェア / モジュール インストール 設定
サブネット / セキュリティポリシー 設定 ログインユーザー アカウント 設定 IPアドレス 許可設定
バーチャルホスト 設定 バックアップ 設定(内部バックアップ) 監視ツール 設定(Zabbix)
サーバーパラメータシート 作成 メール / 電話 / チャット による サポート クラウド 利用料 請求代行(日本円・請求書払い)
サーバーデータ 移行 - -
【初期費用】
クラウド / サーバー設計・構築・移行
120,000円(税別)~

※ 上記以外のクラウド / サーバー設計・構築・移行の内容で、ご要望がありましたら別途ご相談ください。
※ ドメイン・DNS・SSL証明書の購入 / 設置に関する作業内容は含まれておりません。

クラウド / サーバー運用保守・監視

お客様へクラウド / サーバーの環境をお渡しさせていただいたあとは、エンジニアによる24時間365日の有人体制で、クラウド / サーバーの運用保守・監視を代行し、突発的に生じるイレギュラーな事態に対しても、迅速なトラブルシューティングをおこないます。

また、システムやアプリケーションの稼働状況と傾向を分析し、将来的に起こりうる問題などをアドバイスさせていただき、インフラ構成の最適化をサポートいたします。未然に運用トラブルの回避・改善に役立てることで、より堅実なクラウド / サーバーの運用を実現いたします。

● クラウド / サーバー運用保守・監視(24時間365日)
● クラウド / サーバー運用監視サービス(24時間365日)

クラウド / サーバー 基本対応 項目
24時間365日 エンジニア有人対応 メール / 電話 / チャットによるサポート 障害一次対応(アラート通知 / 原因調査)
障害二次対応(障害切り分け / 障害復旧) クラウドの運用支援(インスタンスのスケールアップやスケールアウト調整、ディスクボリューム拡張、IAM作成など) クラウドの構成・機能に関する技術サポート / アドバイス
クラウド / サーバー 運用保守 項目 サーバー再起動(マシン / OS / ミドルウェア) OS / ミドルウェア 設定 追加・変更 セキュリティポリシー 追加・変更
ログインユーザー アカウント 追加・変更 IPアドレス許可設定 追加・変更(不正IPアドレスのブロックを含む) バーチャルホスト 追加・変更
ログ取得(access.log / error.log など) サーバー 監視項目 / 閾値 追加・変更 脆弱性対応(yum などのパッケージ管理ツールによるバージョンアップ)※ ベストエフォート対応
ミドルウェア の パフォーマンスチューニング ※ ベストエフォート対応 or オプション対応 OS / ミドルウェア(OSS)に関する技術サポート / アドバイス ※ ベストエフォート対応 -
クラウド / サーバー 監視 項目 Ping 監視 ポート 監視 Apache 監視
SWAP 監視 ディスク 監視 CPU / LA 監視
URL 監視 プロセス 監視 パフォーマンス 監視
データベース 監視 -
【月額費用】
クラウド / サーバー運用保守・監視
(24時間365日対応)
39,800円(税別)~

※ 上記以外のクラウド / サーバー運用保守・監視の内容で、ご要望がありましたら別途ご相談ください。
※ 本サービスの最低ご利用期間は 3ヵ月 です。