【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【CMS】WordPress専用 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SEKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【トロントで必須】交通系ICカード PRESTO CARDの買い方

はじめに

みなさんこんにちは。

カナダオフィスに出張する準備を全くしなかったにも関わらず、目に入るものを出発日にキャリーケースに詰め込んで、特に問題なくトロントで生活できているシステムソリューション部の吉本です。

今日はトロント生活を快適に過ごせるPRESTO CARDについて紹介します。

 

ところで、こんな経験はありませんか?

「地下鉄に乗ろうとしたらチケットの買い方がわかない!」

「バスに乗ろうとしたら、小銭がなくて乗れなかった!」

海外でこんな場面に遭遇した方は多いのではないでしょうか。

 

トロントに来てどうやって電車やバスに乗ればよいかわからなかったが、現地に暮らしてみて、便利な交通ICカードを見つけました。

今回はPRESTO CARDの作り方と機能についてお話しようと思います。

PRESTO CARDとは

PRESTO CARDはトロントで使用できる交通系ICカードのことです。

例えば、日本でよく使われているSuicaのようなカードのことです。

チャージしながら使用することもできますし、オンライン自動チャージ機能もあります。

2022年7月で以下の機関で使用可能になっています。

トロントの公共交通機関で使用できないところはないといっても過言ではありません。

Brampton Transit
Burlington Transit
Durham Region Transit
GO Transit
Hamilton Street Railway
MiWay (Mississauga)
Oakville Transit
OC Transpo (Ottawa)
Toronto Transit Commission
Union Pearson Express
York Region Transit

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Presto_card

購入した場所

今回は家の近くに地下鉄の駅があることもあり、駅のホームで買うことにしました。

公式Webサイトや、各駅、ドラッグストアのような店でも取り扱っているみたいなので、購入場所には困らないようです。

また、E-Tickets AppというアプリケーションもありPRESTO CARDを買わなくても、よくなりました。

 

駅のホームに行くと自動販売機を発見!

早速購入していきましょう

presto_02

今回は新規で作成するため【New Card】を押します

ちなみに左側の項目はカードの預金確認、右側の項目は通常チケット購入に進みます。

 

続いてPRESTO CARDにお金をチャージしていきます。

この画面では現金もしくは、クレジットカードを選ぶ画面です。

$6のPRESTO CARDのカード本体の代金がかかり、券売機以外ではその場で最低$10のチャージが必要となります。

どこに出てくるのかと思ったら、下の取り出し口から早速出てきました

 

これでもう安心!っと思いきやどうやら注意事項があるみたいです。

これは便利な機能とまとめて、最後のまとめで記載しようとおもいます。

 

PRESTO CARDの使い方

PRESTO CARD を手に入れたらあとは、改札口でカードをかざすだけです。

もしカードにお金がない場合は、購入した自動販売機でチャージすることもできます。

駅から出るときはPRESTO CARDをかざす必要はありません。

 

まとめ

PRESTO CARDはタップしてから2時間以内は無料で、他の乗り物への乗り換えができます。

ちょっとした買い物も片道分の料金で済むのは、物価の上昇しているトロント生活では嬉しいです。

最後に注意点ですが、購入後は30日以内に一度でも利用しないと、カードが失効してしまうのでお気をつけください!

 

いかがだったでしょうか。

これでもう心配なくPRESTO CARDを購入できるようになったでしょうか?

この記事を読んで、皆さんのトロント生活が少しでも楽になれば幸いです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
7
読み込み中...
7 票, 平均: 1.00 / 17
102
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

吉本直人

システムソリューション部所属

2021年 ビヨンドへ入社(大阪オフィス勤務)
現在は主にWeb系のサービスを展開する企業が利用するサーバー / クラウドに対して、24時間365日の運用保守・監視サービスの提供をおこなっている。