【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【円安対策】国産のパブリッククラウド

技術営業部の大原です。

2022年3月上旬あたりから、日本では急速な円安が進んでいます。
最近では 1ドル=140円 を超える円安・ドル高の状況により、1ドル=150円台 を突破し このまましばらくは推移しそうな状況です。
(2022年11月時点の情報です)

この円安・ドル高の状況は、AWS や GCP などの海外製クラウドを使う企業も為替の影響を受けるため、それに伴って 毎月のクラウド利用料の支払いも増加します。

ビヨンドでは、円安・ドル高などの 為替の影響を受けない、国産クラウドのサーバー構築・運用保守 / 監視もおこなっています。ビヨンドで取扱いしている、国産パブリッククラウドの一部サービスをご紹介します。

IDCフロンティア

IDCF Cloud ロゴ

● IDCF Cloud

○ 1ヵ月 = 500円から始められるパブリッククラウド
○ オールフラッシュディスクを採用した超高速・パワフルなクラウド
○ IDCフロンティアの高速・大容量なバックボーンネットワークで、急激なアクセス増や大量配信が可能
○ 無停止によるサーバーのスペックアップに対応
○ サーバーデータ転送 従量課金:3TB / 月まで無料

インターネットイニシアティブ

● IIJ GIOインフラストラクチャーP2 Gen.2

○ プライベートクラウドとパブリッククラウドを融合したサービス
○ 仮想基盤としてハイパーバイザーはVMwareを採用、既存オンプレミス環境の設計思想や運用体制をそのまま持ち込める
○ オンプレミスに近い VMware環境でありながら、1vCPU / 4GBメモリから使える柔軟性。ハイパーバイザーなどの基盤管理も不要
○ WAN や パブリッククラウドとの接続など、IIJ ネットワークサービスとの連携により、ネットワークまで含めたマルチクラウド環境を構成できる
○ サーバーデータ転送 従量課金:無し(選択した最大帯域による固定課金)

さくらインターネット

● さくらのクラウド

○ 「さくらのVPS」「さくらの専用サーバ」と併用することで、仮想サーバーの柔軟性 と 物理サーバーのマシン性能の両方を享受できる
○ サーバーやスイッチが、どのように接続されているかが把握できる「マップビュー機能」
○ 複数のインフラ構成を構築・管理できる「リソースマネージャー機能」
○「さくらのVPS」のディスクを「さくらのクラウド」にコピーすることができる
○ サーバーデータ転送 従量課金:無し(データ転送量による従量課金がないため コスト算出が容易)

富士通クラウドテクノロジーズ

● NIFCloud(ニフクラ)

○ VMware vSphere 基盤がベースのパブリッククラウド
○ 基幹システム系の サーバー / インフラ の利用に強みがある(もちろん Web・オープン系にも利用できる)
○ NIFCloud(ニフクラ)のプラットフォームから、Windows Server リモートデスクトップサービス(RDS)のライセンスを購入できる
○ Oracle Database ライセンスのBYOL(Bring Your Own License)が可能な ニフクラOVMの提供(通常の仮想化基盤とは異なる Oracle VM)
○ サーバーデータ転送 従量課金:10TB / 月まで無料

まとめ

以上、国産のクラウドサービスをご紹介しました。

「最近の為替の影響で 毎月のクラウド利用料の金額が気になる」「日本以外の海外に拠点が無い」ということであれば、一度、国産クラウドの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
8
読み込み中...
8 票, 平均: 1.00 / 18
473
facebook twitter はてなブックマーク
【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けの NWサービス・OA機器・グループウェア などの IT製品 の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、SIer系のデータセンター事業会社で、物理サーバー / ホスティングサービス の プリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM・BtoB ECサービス など の カスタマーエンジニア を経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級