【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【Part1】GCP のグローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来型)で、URLリダイレクト設定する方法


*フラン軒 (本町)

こんにちは!
株式会社ビヨンド大阪オフィスのラーメン王、ヒデです。
今回が8回目の投稿です。

前回は GCP の Google Cloud Load Balancing(GCLB)で、無料のSSL証明書を設置する方法ついて書きました!
ブログ記事では、意外に知らない無料のSSL証明書を設置する面白い記事を書いたので、興味ある方は、ぜひ見てくださいね!

GCP のロードバランサー(GCLB)で無料のSSL証明書を設置する方法

GCP のロードバランサー(GCLB)で無料のSSL証明書を設置する方法

Google Cloud Load Balancing(GCLB)のURLリダイレクトについて

URLリダイレクトは、example.com にアクセスしたら、自動的に example2.com に転送される様に、あるURLにアクセスした際に、自動的に別のURLに対して転送されることを意味します。ほとんどはWebサーバーにある Apache や Nginx などで設定できます。

その場合は、アクセスが直接Webサーバーに向かうので、サーバーの負荷は上がる可能性がありますが、サーバーより前段にあるロードバランサ(LB)があれば、URLリダイレクト設定をLB単体で行うことができ、Webサーバーにある Apache や Nginx などの負荷を下げることができます。

Google Cloud Load Balancing(GCLB)でも同じようにURLリダイレクト設定は可能ですが、「グローバル HTTP(S) ロードバランサ」と「グローバル外部 HTTP(S) ロードバランサ(従来)」では、URLリダイレクトの設定方法が異なります。従来型は、グローバル HTTP(S) ロードバランサに比べて簡単に設定ができます。

ドキュメントだけ見て設定することは非常に難しいですが、このブログを見れば、簡単にURLリダイレクト設定ができますので、一緒に設定していきましょう!

設定手順

*ロードバランサ(LB)は作成している前提で行います。

① ロードバランシング > LB名 > 編集をクリック

 

② 詳細なホストとパスのルールを選択して【ホストとパスのルールを追加】をクリック

 

③ 新しいホストとパスのルールでリダイレクト元のドメインを指定する

 

④【パスのルールを追加】をクリック

 

⑤ リダイレクト設定を行う

● パス:リダイレクトされる時のパスを指定
● アクション:クライアントを別のホスト / パスにリダイレクト
● ホストのリダイレクト:リダイレクト先の指定
● パスのリダイレクト:適当なものをお選びください
● リダイレクトのレスポンスコード 301
● HTTPS リダイレクト:適当なものをお選びください
● クエリの削除:適当なものをお選びください

*参考資料:URLリダイレクト設定公式ドキュメント

 

⑥ 動作確認

*LBの更新が終わってから行ってください
*リダイレクトされるか確認してください

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

従来型のグローバル HTTP(S) ロードバランサはリダイレクト設定しやすいので、すぐに GCLB でリダイレクト設定ができたと思います。

でも、しっかりロードバランサでリダイレクト設定ができれば、サーバーでリダイレクト設定をせずとも、負荷をかけないでリダイレクトができるのでおすすめです!

GCPのLBでリダイレクト設定をする場合は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
2
読み込み中...
2 票, 平均: 1.00 / 12
1,506
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ヒデ@インフラエンジニア

超面白かった面接がきっかけで。
大阪のシステムソリューション部に中途入社した人
サーバー・クラウドの構築や運用を業務としています!
一応、LPIC1・AWS SAA・OCI Architect Associateを資格は持っています

実はラーメンが大好きで
大阪では100店舗以上潜入調査済み(。-∀-) ニヒ
ビヨンドのラーメン王を目指し奮闘中!!

Twitterもやっているのでフォローしてね(´∇`)
右角のTwitterマークをクリック!!