【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

比較を通してLinuxカーネルを理解しやすくしてみる

システムソリューション部のタクです。

先日受験した LPIC201 の出題範囲の中で、難しいけれど個人的に興味を感じたLinuxカーネルに関する分野について、理解に向けてちょっと変わったアプローチで解説してみたいと思います。

Linuxカーネルとは

まずLinuxカーネルとは、OSの中核部分として

  • プロセスの管理
  • メモリの管理
  • デバイスの管理
  • ファイルシステムのアクセス
  • ハードウェアとのインターフェース
  • システムコールの処理
  • カーネルモジュールの管理

など色々な役割を担っています。

ただ規模も大きく、それぞれの役割や仕事を見ていくと難しく感じてしまうところがあります。

 

そこで、ここではLinuxカーネルの全体的な仕組みのイメージを掴むために、比較を用いてみます。

自分に身近なものに置き換えてイメージすると理解が進みやすいですが、

今回は自分の興味ある分野、「中枢神経系」との比較をやってみます。

学生のときに神経生理学を少しかじったことがきっかけで神経や筋肉、動作との関連に興味があり、陸上競技の経験とも相まって、そういった関連の書籍が読むことが好きです。

そんな本棚を眺めているときに人間の中枢神経系とリンクする?と感じたので(LPIC201の出題範囲に限定して)比較する形でまとめてみたいと思います。

Linuxカーネルと中枢神経系の共通点

Linuxカーネルのカスタマイズと脳の可塑性

Linuxカーネルの機能は必要に応じてカーネルモジュールを追加・削除することで調整可能

つまりLinuxカーネルはカスタマイズ可能で、「トレーニング」を通じて(新しいカーネルモジュールを追加することで)自身を新しいタスクに適応させている。

これは新しいことを学ぶときや新しい経験をするときに脳が変化する能力を指す、脳の可塑性に似ている。

例えば陸上選手が記録向上を目指してトレーニングを積み、より速いペースに自分の体を適応させる際、新しい神経回路の形成や既存の神経回路の強化が行われている。

カーネルモジュールの管理と神経可塑性

カーネルモジュールのロード(活性化)またはアンロード(非活性化)

新しいハードウェアを接続した場合、対応するカーネルモジュールをロードすることでそのハードウェアを認識し、利用できるようにしている。これは、新しい情報が脳に入ってきたときに、その情報を処理するために新しい神経回路が活性化する様子に似ている。

例えばスプリンターが新しい動きを身に付けるとき、脳の運動野、感覚野、前頭前野などの神経回路の活性化や再構築が行われるように。

デバイスとカーネルの対話と神経系のセンサー機能

ハードウェアデバイス(キーボード、マウス、センサーなど)は特殊なファイルとして抽象化され、Linuxカーネルに情報を提供している

デバイスとカーネルが対話し、ハードウェアからの情報をシステムに伝達する仕組みと、私たちの感覚器官が環境からの情報を脳に伝える働きが似ている。

例えばマラソンランナーは、感覚器官(視覚、聴覚、触覚)を通じてレース中の重要な情報を収集し、それに基づいてペースメイクを行う。

システム起動時のカーネルの動作と神経系の覚醒

カーネルはシステムの起動プロセスを制御している。これは、私たちが目覚めるときに神経系が覚醒状態に移行するプロセスと似ている。

例えば100mのスタートラインに立つ陸上選手。カーネルはシステムのすべての部分を「覚醒」させ、新しい「レース」(コンピュータのタスク)の準備をする。

Linuxカーネルと中枢神経系の相違点

通信の方法

Linuxカーネル内でのプロセスやデバイス間の通信は、デジタル信号の形で明確に定義されたプロトコルやインターフェースを使用。

一方で人間の中枢神経系では、ニューロン間の通信は化学物質(神経伝達物質)と電気信号を通じて行われる。

修復と回復

Linuxカーネルの問題は、デバッグ、パッチ適用、またはシステムのアップグレードによって修復される。

一方で中枢神経系は損傷が重度であると完全には回復しないことが多い。治療法は限定されている。

感覚の抽象性

Linuxカーネルは、入力デバイスからのデータを具体的なデジタルデータの形式(RGB値など)で受け取り、プログラムされた命令に従ってそのデータを処理する。

一方で人間の中枢神経系は、五感を通じて取り込まれるアナログ情報を処理し、それを様々な抽象的な概念(「色」、「音」、「香り」など)に変換する。このプロセスには、経験や学習、記憶、感情などが結びつき、非常に複雑。

まとめ

一見違うものだけれど、どちらも動作の中心となるコアな存在として、背後の仕組みは意外と似ています。

比較することで思わぬ気付きが得られることもあるので、たまにはこんな比較をやってみても面白いかもしれません。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
5
読み込み中...
5 票, 平均: 1.00 / 15
171
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始いたします!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始いたします!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

タク

趣味でWebサイトを作ってみたり、PHPやLaravelを触ってアプリも作りました。

休日はプールやジョギングで体を動かすことが好きです!