SSL証明書 取得・管理

ビヨンドのサービス案内

Webサイト全体の暗号化通信(SSL/TLS化)が必要な理由

SSL(Secure Sockets Layer)とは、サーバーとユーザーとの間でインターネット接続する際に、インターネット上の情報を暗号化し、Webサイトなどのサービスを安全に利用することを証明する仕組みの1つです。

クレジットカード・個人情報などの機密性の高い情報を安全に通信するには、Webサイト全体をHTTPSのプロトコルで表示させる「常時SSL/TLS化(常時SSL化)」に対応する必要があり、「暗号化通信」の状態を確立するためには、SSL証明書の取得・サーバーへのSSL証明書の設置が必要となります。

Webサイト全体の通信を暗号化することにより、GoogleChrome や Microsoft Edge・Safari などのWebブラウザのURL部分に、安全な通信という意味を示す「鍵マーク」「https://」が表示され、Webサイトを利用するユーザーへ安心を与えることを目的とします。

SSL証明書

SSL証明書を設置する「メリット」と「デメリット」

常時SSLのサイトに対応する「メリット」

▲ 常時SSLのサイトに対応する "メリット" ▲

● Webサイトの閲覧ユーザーに安全な閲覧環境を提供できる
・通信内容の盗聴や改ざんを防ぎ、Webサイトのセキュリティ向上が見込めます。

検索エンジンの表示順位で優遇されやすくなる
・「http」と「https」で同じ内容のWebサイトであれば、ランキングシグナルの効果により、「https」のWebサイトの検索表示順位が優遇されやすくなるので、検索エンジンの観点からも有効となります。

サイトアクセスの情報収集が容易になる
・アクセス流入元 や 検索キーワード などを把握するリファラ情報を収集しやすくなるので、SEO対策やウェブサイト解析 / マーケティング観点からも役立ちます。

SSL未設置のサイトまま放置する「デメリット」

▼ SSL未設置のサイトまま放置する "デメリット" ▼

● 企業ブランド力の低下
● 企業の売上減少の可能性
● Webサイトのエラー表示などのセキュリティ懸念
● Webプロモーションの機会損失(Webサイト離脱率の増加 など)
● 検索エンジンからのペナルティ(ドメインのブラックリスト登録・SEOの下落 など)

各種 SSL証明書の取得・設置の作業をご支援いたします

ビヨンドでは「ドメイン認証」「企業実在認証」「EV認証」「ワイルドカード」など、様々なSSL証明書のブランド・認証レベルを幅広く取り扱っています。お客様のニーズにあわせたSSL証明書の取得から、サーバーへの設置・設定までの一連の作業を、ワンストップでサポートいたします。


SSL証明書の有効期間が近づいてきた際には、SSL証明書の更新漏れ・失効することが無いように、お客様へ事前にお知らせするなど、しっかりとサポートいたします。また、お客様所有のSSL証明書の持ち込み(BYOL)にも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。


  • SSL証明書 申込み・CSR作成
  • SSL証明書 発行・インストール
  • Apache / nginx などの再起動
  • SSL証明書 更新
  • 301転送・HSTS
    リダイレクト設定
    ※ オプション
  • HTML / CSSのソースコードの
    リンク・パスの記述修正
    ※ オプション
お問い合わせする