【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【導入実績300社以上】AWS 構築・運用保守サービス

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【サーバー管理不要】WordPress専用クラウド『WebSpeed』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【コミュニケーションアプリ開発】LINE アプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECサイト構築】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio アプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【CPU】AMD EPYC 技術検証(PoC)サービス

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【Webシステム / サービス開発】SAKARAKU Lab(セカラクラボ)

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバー系企業ビヨンドが サーバーサイドエンジニアを募集中

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【対談記事】「やっぱクラウド移設っていいですよね」マイネット × ビヨンド エンジニア対談

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【Plesk】「製品ライセンスの執行猶予期間中にParallels Plesk Panelを利用しています」のメッセージ

技術営業部の大原です。

この前、お客様より「Pleskの注意メッセージがありますが、どういった意味ですか?」というお問合せがありましたので、
本ブログで対処方法を掲載します。

■ 表示について

この表示は、Pleskライセンスキーの完全失効までの猶予期間をあらわすメッセージです。

管理メニューにあるリンクから [キーの取得] をおこない、ライセンス更新を実施する必要があります。
また、この猶予期間を過ぎると、ライセンスが完全に失効し、サーバー内部での操作が必要です。

Plesk

■ ライセンスキーの更新手順

  1. メッセージに表示されている 「ライセンス管理ページ」 をクリック。
  2. 「キーを取得」をクリック。
  3. 「OK」をクリックして完了。
  4. 以上で完了です。

■ 猶予期間が過ぎてしまった場合

この猶予期間を過ぎると、ライセンスが完全に失効し、サーバー内部で以下の操作が必要です。

  1. RootにてPleskテンプレートから作成されたサーバにログイン
    バックアップされていたライセンスキーをリカバリする。
  2. # cp /etc/sw/keys/backup/* /etc/sw/keys/keys

  3.  Pleskコントロールパネルにてログインできることを確認する。
  4. ログイン後、再度、「キーの取得」オプションを選択する。

■ まとめ

執行猶予期間が過ぎてしまうと、SSHからログインし作業をおこなう必要があるので、

このメッセージを見つけたら、忘れずに早めに更新することをオススメします。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
559
facebook twitter はてなブックマーク

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界にて法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどのIT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、物理サーバー / ホスティングサービス のプリセールスエンジニア、SaaS型 の SFA / CRM、BtoB EC など の カスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。現在は毎日 Google検索 で インターネットの世界を徘徊してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級