【Plesk】「製品ライセンスの執行猶予期間中にParallels Plesk Panelを利用しています」のメッセージ


技術営業部の大原です。

この前、お客様より「Pleskの注意メッセージがありますが、どういった意味ですか?」というお問合せがありましたので、
本ブログで対処方法を掲載します。

■ 表示について

この表示は、Pleskライセンスキーの完全失効までの猶予期間をあらわすメッセージです。

管理メニューにあるリンクから [キーの取得] をおこない、ライセンス更新を実施する必要があります。
また、この猶予期間を過ぎると、ライセンスが完全に失効し、サーバー内部での操作が必要です。

Plesk

■ ライセンスキーの更新手順

  1. メッセージに表示されている 「ライセンス管理ページ」 をクリック。
  2. 「キーを取得」をクリック。
  3. 「OK」をクリックして完了。
  4. 以上で完了です。

■ 猶予期間が過ぎてしまった場合

この猶予期間を過ぎると、ライセンスが完全に失効し、サーバー内部で以下の操作が必要です。

  1. RootにてPleskテンプレートから作成されたサーバにログイン
    バックアップされていたライセンスキーをリカバリする。
  2. # cp /etc/sw/keys/backup/* /etc/sw/keys/keys

  3.  Pleskコントロールパネルにてログインできることを確認する。
  4. ログイン後、再度、「キーの取得」オプションを選択する。

■ まとめ

執行猶予期間が過ぎてしまうと、SSHからログインし作業をおこなう必要があるので、

このメッセージを見つけたら、忘れずに早めに更新することをオススメします。


この記事をかいた人

About the author