どんな事でもお気軽にお問い合わせください
0120-803-656
24時間受付いたします

いまさら聞けない、トリプルメディアとは何か?


技術営業部の大原です。

前回に開催したビヨンド勉強会では「動画」「Facebook」「プレスリリース」の内容が中心でしたが、

これらをすべて活用することで、「トリプルメディアマーケティング」と呼ばれる、
プロモーション効果が期待できます。
最近よく注目されている「オウンドメディア」も、トリプルメディアのカテゴリーに含まれます。
今回はトリプルメディアに関する内容をご紹介していきます。

 トリプルメディアの分類

オウンドメディア (メディアの発信)

オウンドメディアとは、自社でマーケティングのコンテンツを所有し、
自社の情報を発信するメディア
の総称です。
自社発信のメディア (自社でコントロールできるメディア) は、すべてオウンドメディアに含まれます。

■オウンドメディアの特徴

  • サービスやビジネスモデルのブランディングが可能
  • 見込顧客や既存顧客に対して「理解」を促す効果が期待できる
  • 短期的な集客には不向き
  • ■主な発信メディア

    • WEBサイト(コーポレートサイトなど)
    • ブログ (CMS)
    • パンフレット
    • カタログ
    • ECサイト
    • メルマガ
    • パンフレット
    • セミナー、勉強会
    • 展示会

    また最近の流れでは、オウンドメディアのコンテンツは、
    その会社の資産とも言われるほど重要視され始めています。

    アーンドメディア (メディアの拡散)

    FacebookやTwitterなどのSNSを駆使し、評判の獲得や口コミの効果を狙うメディアです。
    自社のみならず、なんらかの接点があるファン層も含めた全員が発信者となるので、
    情報の拡散と伝播が期待できます。

    ■アーンドメディアの特徴

    • ファン層とのコミュニケーションが可能/li>
    • ファン層へ「共感」を促す効果が期待できる/li>
    • 自社のブランディングやコントロールがしにくい/li>

    ■主な拡散メディア

    • Facebook
    • Twitter
    • YouTube
    • Instagram
    • LINE@ など

    オウンドメディアで作成したコンテンツを、インフルエンサーを把握したうえで、
    うまく情報を伝達することができれば、大きな効果を発揮することもあります。

    ペイドメディア (メディアの仲介)

    広告出稿を外部へ依頼し、情報発信の仲介を担ってもらうメディアです。
    自社のサービスや存在自体を認知されていない状態で、接点を作るのを得意としているメディアなので、
    一般層からの認知を獲得することでき、興味や関心を促すことが期待できます。

    ■ペイドメディアの特徴

    • 短期的に集客や認知の効果を高めることが可能
    • 未認知の一般層へ対して「関心」を促す効果が期待できる
    • コミュニケーションが一方通行で、かつ外部への広告費用が必要

    ■主な仲介メディア

Contact PageTop
株式会社ビヨンド

© beyond Co., Ltd. All rights reserved.