【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【WordPress】コンタクトフォームに超簡単なスパム対策を入れる

システム部の山田です。
今日はWordpressのおはなしです。

WordPressには「Contact Form 7」というフォーム作成用プラグインがあって
ちょっとしたお問い合わせフォームみたいなものはすごく簡単に作ることができますが、
ちゃんと工夫しないとスパムの踏み台にされちゃいますよね。

でもスパム対策なんてどうすればいいかわからない、
あんまりプラグインを入れたくない、っていう方のために
ちょー簡単にできるスパム対策をご紹介します。

それがこちら↓
図1

Contact Form 7の「承諾確認」タグを利用します。
これを使うことで送信前にチェックを入れないと送信できなくなるので
自動でスパムを送るようなプログラムを「だいたい」阻止できる、という寸法です。

 

使い方は簡単で「承諾確認」ボタンを押すとこのようなダイアログが現れます。
図2
ここで任意のidとclassを設定して(設定しなくても使えます)
「タグを挿入」ボタンを押すと・・・

 

フォームのソース上に「承諾確認」用のタグが挿入されます!
図3

 

で、チェックを入れないと送信ボタンが押せないようになります(^^)
採用情報_株式会社ビヨンド_-_2016-05-19_13.22.22
送信ボタンが押せなくなった!

 

が、一つ注意点。
他の必須項目であれば入力チェックがかかりますが
この「承諾確認」はデフォルトだと入力チェックのエラーメッセージが表示されません。

チェックの入れ忘れに気付いてもらえない心配があるなら、
「その他の設定」に以下のコードを入力します。

acceptance_as_validation: on

 

これで「承諾確認」にも入力チェックがかかるようになります。
採用情報_株式会社ビヨンド_-_2016-05-19_13.23.52

エラーメッセージが表示されたよ!

 

すべてのスパムを完全に対策できるわけではありませんが、
少ない手間でかなりの効果が期待できるので是非お試しを!!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
927
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author