【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

Postfix Adminのパスワードバリデーションで困ったTips

システム部の山田です。

メールサーバーにPostfixを利用している場合、
バーチャルドメインやメールアカウントをGUIで簡単に管理できる「Postfix Admin」

サーバー管理者だけでなく、自宅でちょこっとメールサーバーを立てた方も利用されてるんじゃないかと思いますが、
このツールでメールアカウントを作成するとき、ちょっと困ったことがあったのでメモ。

Postfix Adminを使ってあるドメインにメールアカウントの追加をしようと思ったとき、
分け合って4桁くらいのすごくシンプルなパスワードを追加する必要があったのですが
なんと「5文字のパスワードにしろ」なんてエラーを吐かれました。

postfixadmin

あれ???Postfixでそんな制限入れたっけ????
こりゃPostfix Adminで引っかかってんのかな???
と思って「Postfix Admin パスワード 制限」とか調べてみるも、あまりいい情報は出ず。。。
という訳で地道にPostfix Adminの設定ファイルを調べてみます。

設定ファイルは以下

[Document root]/postfixadmin/config.inc.php

このファイルの中央にこんなものが

// Password validation
$CONF['password_validation'] = array(
#    '/regular expression/' => '$PALANG key (optional: + parameter)',
    '/.{5}/'                => 'password_too_short 5',      # minimum length 5 characters
    '/([a-zA-Z].*){3}/'     => 'password_no_characters 3',  # must contain at least 3 characters
    '/([0-9].*){2}/'        => 'password_no_digits 2',      # must contain at least 2 digits
);

いかにもですね。
正規表現でパスワードのバリデーションルールを一つずつ作って、
配列で複数設定できるようになっています。

デフォルトでは上から
・5文字以上
・英字(大文字 or 小文字)を3文字以上
・数字を2文字以上
というルールですね。
正規表現の説明についてはこちら

ではこの中で必要のない部分を変更&コメントアウトしてやります。

// Password validation
$CONF['password_validation'] = array(
#    '/regular expression/' => '$PALANG key (optional: + parameter)',
    '/.{4}/'                => 'password_too_short 4',      # minimum length 3 characters ←今回は4文字にしとく
#    '/([a-zA-Z].*){3}/'     => 'password_no_characters 3',  # must contain at least 3 characters ←これはコメントアウト
#    '/([0-9].*){2}/'        => 'password_no_digits 2',      # must contain at least 2 digits ←これもコメントアウト
);

これでパスワードバリデーションの変更ができました。
PHPファイルの編集なのでApacheの再起動なんかは必要ありません。

もっと細かいメールサーバーの設定でお悩みの方、
メールサーバーの管理なんてしてらんない!!という方は是非こちらから丸投げしてください!!!

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
2,389
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author