Adobe Acrobat Reader DCで「文書の読み上げ準備」を無効化する


PDFを見るためのツールとして一番使われているツールは「Adobe Acrobat Reader DC」ではないでしょうか。
PDFリーダー、PDFビューア | Adobe Acrobat Reader DC

僕自身はAcrobat Reader 5とか、ナンバリングだったころから使っているリーダーです。
「遅い、重い」といったことがめちゃくちゃ言われてましたね。。

最近はあまりそんなことも感じなくなってきているのですが、立ち上がりがすごく遅くなりました。
それは立ち上げたときに「読み上げ機能」が自動で起動するところですね。

yomiage

アクセシビリティ機能なので、不要な人にはトコトン不要な機能です。

その機能を無効化する方法です。

アクセシビリティに使われているファイルを無効化する

アクセシビリティとして使われている機能を無効化することで、立ち上げ時に「読み上げ機能」を無効にします。

まずは下記ディレクトリに移動しましょう。(32bitの場合は「Program FIles」になります)

C:\Program Files (x86)\Adobe\Acrobat Reader DC\Reader\plug_ins

以下のファイル2つの名前を変えます。
拡張子の後ろの「.bak」を付けて、対象のAPIファイルを無効化します。

Accessibility.api → Accessibility.api.bak
ReadOutLoud.api → ReadOutLoud.api.bak

rename_101016_124335_pm

拡張子が表示されていない方は、エクスプローラーの「表示」から「ファイル名拡張子」にチェックを入れましょう。

ext_101016_124345_pm

これで改めてPDFファイルを立ち上げると、警告が出ますが、これは先ほど名前を変えて無効化したためです。
「次回から表示しない」にチェックをいれれば次回立ち上げ時から表示されなくなります。

screen_101016_124355_pm

これでPDFファイルが素早く開くようになりました!


この記事をかいた人

About the author