【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

VirtualBoxの共有フォルダがマウントできなくなった時の対処法

こんにちは。
開発チームのワイルド担当、まんだいです。

VirtualBoxの共有フォルダはとても便利で、とても重宝しています。
でも、ある時急にマウントできなくなったりして、そういう時はどうすればいいか分からないまま、色々別の方法でファイルをやり取りしてやり過ごしていました。

最近、ようやくその原因が分かったので、対応した方法をメモしておこうと思います。

ゲームAPIを開発する場合、本番環境はLinuxという事が多いので、Windowsマシンを使っていますが、VMで近しい環境を手元に置いて、というパターンで未だやり過ごしています。

VM周りの環境ですが、VirtualBoxを利用していて、VMのOSイメージは概ねCentOSです。

 

レベル1 Guest Additions CDからツールを再インストール

まずパッと思いつくのがこれ。

少し古い記事ですが、VirtualBox共有フォルダ覚書 | dark_greenの日記 | スラドにもあるように、カーネルモジュールをyumなどでアップデートした場合に、発生する事が多いですね。
VMなので、もっと雑に扱ってもいいんでしょうか。

VirtualBoxのメニューの「デバイス」から「CDイメージの挿入」という項目を選択すると、インストールツールが自動起動します。
もう既にデスクトップにCDがマウントされている状態なら、CDのアイコンをダブルクリックすればOKです。

紹介しておいて、こう言うのもどうかと思いますが、これで治るくらいなら悩んじゃいませんね。

 

レベル2 共有フォルダの再設定

過去に見えるようになったケースがあったのはこの対処法。

これはVirtualBoxマネージャーにある、VMの設定から設定できます。
もしくは、VMのUIを表示しているなら、右下にフォルダのアイコンがあるのでそちらをクリック。

ホスト側、ゲスト側双方のディレクトリが正しく設定できれば、マウントされる事もあります。

 

レベル3 mount.vboxsfのシンボリックリンクを張り替える

最後に、今回復旧した対処法が、mount.vboxsfのシンボリックリンクのリンク先を変更するというもの。

何がどうなっていたかというと、共有フォルダを実現するための、マウントコマンドとなっている、mount.vboxsfの実体が実は違っていた、というもの。

which mount.vboxsf
/sbin/mount.vboxsf

ls -al | grep vboxsf
mount.vboxsf -> /usr/lib64/VBoxGuestAdditions/mount.vboxsf

これ、ファイルがない訳ではなく、/usr/lib64/VBoxGuestAdditions/mount.vboxsfのパスにファイルは存在します。

で、これをどうするかというと、

# cd /sbin
sudo ln -sf /usr/lib/VBoxGuestAdditions/mount.vboxsf mount.vboxsf

/usr/lib 以下にもある、VBoxGuestAdditions配下のmount.vboxsf へシンボリックリンクの向き先を変更するだけです。

自動マウント設定になっているようなら、VMを再起動すると、dfコマンドなどでちゃんとマウントされているのが分かります。

OSば64ビット版のCentOSなので、/usr/lib64 でも良さそうなものですが、どうやら違うようですね。
これは、Guest Additions CDのインストーラが悪いんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか、オラクルさん?

これもカーネルモジュールのバージョンアップをした後から起こったような気がします。

やはりVMのカーネルアップデートは色々と危険がありそうです。

以上です。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
3
読み込み中...
3 票, 平均: 1.00 / 13
25,126
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

萬代陽一

ソーシャルゲームのウェブ API などの開発がメイン業務ですが、ありがたいことにマーケティングなどいろんな仕事をさせてもらえています。
なおビヨンド内での私の肖像権は CC0 扱いになっています。