【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

Androidのブラウザ(Chrome)をPCで表示させる方法

開発の長谷です。

今回はChrome Developper Toolsを使用して、Android端末のブラウザ(Chrome)をPCで表示させ、
デバッグなどを行う方法についてご紹介していきたいと思います。

前準備

Android端末の設定

1.「設定」を起動

2.「開発者向けオプション」をタップ

3.「開発者向けオプション」をONにし、「USBデバッグ」にチェックを入れる。

Androidの設定は以上になります。

接続方法

1. PCでChromeを起動しchrome://inspectを開く

↓こんな画面になります

2. 先ほど設定したAndroid端末をPCに接続する

3. Android端末でChromeを起動し、デバッグしたいURLを開く

↓するとRemote Targetの下に開いているURLが表示されました。

4. 「inspect」をクリック

↓新しいウィンドウが開き、Androidの画面が表示されました。

デベロッパーツールなので、HTML,CSS,JavaScriptの編集も可能です。

また表示されているAndroid画面をクリックやドラッグすることで、
AndroidのブラウザをPCから操作することもできるのですごく使いやすいです。

スマホでしか表示できないサイトなどをデバッグしたいときに、
このツールは大変便利なのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

以上です。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
1,682
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【25卒向け】AI×バーチャル面接の募集を開始いたしました!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

長谷竜弥

新卒にて株式会社ビヨンドに入社。

Webシステム開発(Webサービス・デジタルコンテンツ・業務管理システム などのブラウザで動くサービス、システムの開発)や、ゲームAPI(アプリゲームとの通信部分のプログラム開発)を行っている。

また、Shopify のプライベート / カスタムアプリの開発も行っている。

元々は大阪オフィスに勤めていたが、2019年に横浜オフィスに転勤。
趣味は野球 / カラオケ / アニメ