【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【圧倒的 低コスト】Oracle Cloud 構築・運用保守・監視サービス

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【WordPress専用】高速 クラウド / サーバー『WebSpeed』

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【SNSアプリ開発】LINE カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【ECアプリ開発】Shopify カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【音声アプリ開発】Twilio カスタムアプリ開発サービス

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【グローバル対応】北米リージョン・クラウド / サーバー サポート

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【取材記事】サーバーサイド・バックエンドエンジニアを募集中

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【AWS】CloudFrontは他のCDNと比べて料金はどうか?

GCP

技術営業部の中内です。

転送量が多くかかってくるコンテンツでは、必ずと言っていいほどCDN(Content Delivery Network)を利用していると思います。

CDNの最大手はAkamaiですが、今回はAmazonCloudFrontと比較するため、各クラウド事業者のCDNを比較します。

比較ポイントは料金のみです。

因みに世界のインターネット通信量の15〜30%はAkamaiが取り仕切ってるみたいです。とてつもない量ですね。

CDN料金比較表

 ~10TB 10~50TB 50~150TB 150~500TB 500~1PB  1~5PB   5PB超
AWS $0.140 $0.135 $0.12 $0.10 $0.08 $0.07 $0.06
GCP $0.09 $0.06 $0.06 $0.05 $0.05 $0.04 $0.04
Azure $0.138 $0.13 $0.12 $0.10 $0.08 $0.07 問合せ
IIJ 15円 15円 15円 15円 15円 15円 15円
IDCF 9円 9円 9円/6円  6円 6円 6円 6円
nifty 21.33円 15.83円 13.50円 13.50円 13.50円 13.50円 13.50円
GMO 13.0円 12.0円 11.0円 9.0円 問合せ 問合せ 問合せ
IBM $0.12 $0.12 $0.12 $0.12 $0.12 $0.12 $0.12

IDCフロンティアのコンテンツキャッシュ(CDN)は100TBまで9円/GBで100TBまで超は6円/GBです。

※上記は1ヶ月1GBあたりの料金です。

AWS(Amazon Web Service)Amazon CloudFront

1GB当たりの料金は、$0.14×110円(為替)=15.4円です。

仮に10TBの利用ですと、15.4円×10,000(GB)=154,000円という計算になります。

50TBまでは、CloudFrontと同じです。

料金だけで考えると50TB超はCloudFrontを導入したほうがお得になります。

 

GCP(Google Cloud Platform)Google Cloud CDN

 

計算方法はAWSと同じです。

10TB利用の場合ですと、$0.09×110円(為替)×10,000(GB)=99,000円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

55,000円の得です。

 

Microsoft Azure

円表示もあります。

Azure CDN StandardはVerizonAkamaiのどちらかを選択できます。(料金は変わりません。)

料金体系はほぼAWSを踏襲といった感じです。

10TB利用の場合ですと、$0.138×110円(為替)×10,000(GB)=151,800円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

2,200円の得です。

 

IIJ GIOコンテンツアクセラレーションサービス

 

料金は一律15円です。

10TBの場合は、15円×10,000GB=150,000です。そのままですね。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

4,000円の得です。

 

IDCF Cloud コンテンツキャッシュ

100TBまでが9円/GBで100TBを超えた分は6円/GBになります。

10TBの利用ですと、9円×10,000GB=90,000円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

64,000円の得です。

 

NIFTY Cloud CDN(Fastly)

NiftyのCDNはFastlyという外部サービスを利用してます。

10TBの利用ですと、21.33円×10,000GB=213,300円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

59,300円の損です。

 

GMOアプリクラウド CDN

AzureのCDNを使ってます。

料金は100円計算でもGMOのほうがお得です。謎です。

10TBの利用ですと、13円×10,000GB=130,000円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

24,000円の得です。

 

IBM Bluemix CDN

料金は一律$0.12/GBです。

10TBの利用ですと、$0.12×110円(為替)×10,000GB=132,000円です。

AWSと比べると(10TB利用の場合)

22,000円の得です。

 

まとめ

Amazon CloudFrontより高額だったのはNiftyのみでした。

一番安いのはIDCFクラウドのコンテンツキャッシュの9円/GBでした。

当たり前の話ですが、1GB当たりだと数円の差でも数十TB、数百TBとなるとかなりの差が出てきます。

今回は料金のみにスポットを当てましたのが、利用用途によって選択肢も変わってくると思います。

またCDNを利用できるのは静的ページのみで動的ページは利用できないので、転送料金の計算の時は気をつけなければなりません。

CDNは勿論ですが、CDNに限らずサーバサポートが必要な場合はご相談ください!!

 

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
0
読み込み中...
0 票, 平均: 0.00 / 10
8,684
facebook twitter はてなブックマーク
【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア / サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

中内 慎二

調理師専門学校を卒業後、飲食店に調理師とし2年半勤務。
その後金融業界で11年営業に従事しました。
2013年ビヨンドに入社し現在は技術営業部と管理部を兼任しています。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner