【老後の備え】退職金制度はじめました。


こんにちは!株式会社ビヨンドの坂下です!

株式会社ビヨンドでは、退職金制度をはじめました!!

ビヨンドは、20代30代の若い社員が中心なので、しばらくは定年を迎える年齢の者はいないのですが、

将来老後を考えると、年金がもらえるのか不安な世代でもあります……。

社員が安心して、長く働けるような環境を作りたい!その一心でこの退職金制度を導入いたしました!!

退職金制度といっても、さまざまな種類があるかと思いますが、

ビヨンドでは「中小企業退職金共済制度」という制度を導入しています。

ビヨンドの退職金制度の特徴は?

ポイント1. 会社が全額負担して積み立てる!従業員の負担はゼロ!

私は最初に退職金制度を想像したときは、従業員も一緒に積立していくものだと思っていました!

中退共だと、会社が掛け金の全額を負担してくれるので、従業員に負担がありません。

ポイント2. 国が行っているので、安心できる!

会社が独自で行っているものではなく、「勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部」という

企業が行い、外部で管理している制度なので、安心して利用できます。

ポイント3. 退職金は、中退共より直接従業員に支払われるので、万が一の時も安心!

上記でお伝えしたように、外部で管理しており、退職金は中退共より直接支払われます。

万が一何か起こった場合でも、退職金の支払い金額に影響はでません。

ポイント4. 掛け金は、給与ではないので、所得控除の対象にならない!

掛け金は、会社が負担しているので、給与の所得控除対象にはなりません。

つまり、従業員に税金がかからないのです。

ポイント5. 退職金には、退職所得控除を受けることができる!

退職所得控除とは、退職所得に関連する税金に扱われる制度です。

「控除」というのは、簡単に言うと「税金の対象外となる金額」のことです。

退職金の金額が大きいからといって、必要以上に税金を課されることがないようになっているので、

税金がほとんど掛からず、そのまま本人が受け取ることができます!

ポイント6. 確定既出年金と違って、定年前に退職した場合でも退職金として受け取れる!

よくある退職金の制度、確定既出年金の場合、定年前に退職しても60歳までは受け取れませんが、

中退共の場合は、退職月の翌月以降に受け取ることができます。

今後も社内制度を充実させていきます!

我々のようなベンチャー企業だと、長期にわたる積立や制度運営が必要なため、

退職金制度を設けていない企業も多いので、ビヨンドのように導入している企業はとても珍しいようです。

だからこそ、社員のみんなが安心して働ける環境を作ることは仕事のパフォーマンスに良い影響を与え、

社員の皆の安心は、家族の安心にも繋がります!これは、ビヨンドの行動基準の1つに当てはまります!!

社員とその家族を笑顔にする

まずは自らが笑顔になり、そこから身近な人、社会に笑顔の輪を広げていきます。

ビヨンドの行動基準より

会社にとって、従業員は何物にも代えられない、かけがえのない存在であると私は思います。

今後も、社員のみんなが安心して長く働けるように、福利厚生を含めたさまざまな社内制度を考案していきます!!


この記事をかいた人

About the author

坂下友梨絵

管理部に所属。社内のことは、何でもお任せ!
社内の行事やイベントについて書いています♪