【Trend Micro】Deep Security as a Service(SaaS版)と Deep Security(ライセンス版) との違い【セキュリティ】


技術営業部の大原です。

今回は Trend Micro社の サーバー総合セキュリティサービス「Deep Security」に関する内容です。

Deep Security には SaaS版の「Deep Security as a Service(以下 DSaaS)」と、
パッケージ版の「Deep Security」との2種類があるので、
それぞれのサービス体系の違いについて説明します。

なお 弊社で取り扱っている Deep Security は DSaaS のサービス体系ですが、
AWS や Azure・GCPなどの Market place での購入・導入が可能です。

 DeepSecurity(パッケージ版) との違い

DSaaS を Deep Security(パッケージ版)と比較し大きく違うところは、
お客様側でDeep Security用の管理サーバー(以下 DSM)を
自前で所持・構築しなくてよいというメリットがあります。

Deepsecurity

■ DSaaS(SaaS版)

・お客様側で管理サーバーを構築・運用する必要がない。
・1シート(1OS)単位で導入が可能。
・月額課金というサービス体系でスモールスタートを支援できる。

■ Deep Security(パッケージ版)

・お客様側で自前で管理サーバーを構築できるので カスタマイズが可能。
・提供モジュールが2種類あり、仮想化環境でエージェントレス型のセキュリティが提供可能。
・条件によってはパッケージ版の方が安く収まる場合がある。(ただし管理サーバーの運用が必要)

DSaaS を構築するポイント

DSaaSは SaaS型のセキュリティサービスなので、
インターネット側への接続確保が必須になるなど
Deep Security(パッケージ版)とは 一部システム要件が異なります。

■ Deep Security Agent(以下 DSA)をインストールするサーバーから、
DSaaS管理マネージャへアクセスできる設定が必要。

〇 agents.deepsecurity.trendmicro.com:443
〇 relay.deepsecurity.trendmicro.com:443
※ 詳細:http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1104586.aspx

■ プロキシサーバーを経由する際の認証は、Basic認証のみ利用可能。
Digest認証とNTLM認証はサポート対象外。

■ DSAをインストールするサーバーにおいて、
ネットワークの一時的な切断、またはOSのネットワークドライバーが
他のプログラムによってロックされている場合、OSの再起動が必要となる場合がある。

DSaaSのシステム構成

■ 空いている必要があるポート

〇 DSA から Global Smart Protectionサービスへのスマートスキャン接続:ポート 443
〇 DSM / DSRとDSA間通信(DSA から DSMの片方向通信の場合):ポート 443
〇 DSM / DSRとDSA間通信(DSM から DSAの片方向 or 双方向通信の場合):ポート 443・4118

■ 必要に応じて開けるポート

〇 DSA から Global Smart ProtectionサービスへのWebレピュテーション接続:ポート 80
〇 DSMから通知メール送信:ポート 25
〇 DSM / DSAからSyslogの送信:ポート 514(UDP)
〇 DSM / DSRとDSA間のDNSクエリ:ポート:53

まとめ

DSaaS は SaaS型なので、
ライセンスが不要になればすぐに停止できるため、
ライセンスの最低利用期間の縛りもありません。

お手軽にサーバーセキュリティを強化する場合・運用面での負荷を低減したい場合は
DSaaS に優位性があると考えます。

また弊社で取り扱っている 「Deep Security as a Service」では
ライセンス導入から初期設定はもちろんのこと、
アラート対応・セキュリティルールの追加・運用などの作業を、
弊社エンジニアによる 24時間365日の電話・メール・チャットでのテクニカルサポートを
マネージドでサービス提供いたします。

https://beyondjapan.com/option/deepsecurity


この記事をかいた人

About the author