【社内制度】リフレッシュ休暇を使って沖縄に行ってきました


技術営業部の中内です。

ビヨンドでは2017年9月から今日まで41項目の制度や改善が出来ました。
(今後も増えていきます。)

その一つとして「リフレッシュ休暇」という制度があります。

どういう制度かと言いますと、勤続5年で2週間の休みと功労金(100,000円)を
会社からもらえます。

この制度が出来たのが2018年11月でして、その時点で僕は勤続5年の条件をクリアしていたので、
今年の夏休みに使うとこにしました。社員第一号です。

取得してからは夏に沖縄に行こうと決めて準備にかかりました。

Expedia最強

少しでも旅行金額を下げるべく、色んな旅行サイトを閲覧しました。
恐らく現時点である殆どの旅行サイトを見たと思います。
航空券だけのサイトとホテルだけのサイトと併せていくらになるかの計算もしました。

その中でコスパ最強はExpediaです!!(あくまで個人の感想)

あと、サイトが見やすい。

いざ、出発!

関空は土砂降り、おまけに沖縄は台風が近づいてると言う状況でした。

飛行機も1時間遅れてるし、マクドで隣の席の人が宮古島行きが欠便になったという話をしていて、暗雲立ち込める中なんとか離陸!

飛行機ではひたすら爆睡で、目が覚めたときには快晴で一安心しました。

酒飲みの楽園、オキナワ マリオット

宿泊したホテルはオキナワ マリオット リゾート & スパでした。

会社から功労金も頂いたので、部屋のグレードは奮発してエグゼクティブフロアにしました。

ただ部屋がちょっといいだけやろって思って行ってみたら、
特典の種類と内容にビックリしました。

そのうちの一つが専用ラウンジです。

Ocean(20歳未満入室不可)、Forestと2種類のラウンジあり、
下記時間帯にそれぞれ食事やデザートと数種類のお酒が常に用意されてました。

06:30~11:00 ご朝食(アメリカンブレックファースト)
11:00~17:30 アフタヌーンティータイム
17:30~19:30 オードブル&カクテル
19:30~21:30 デザート&カクテル
21:30~24:00 イブニングティータイム

引用:エグゼクティブフロア

こちら全てが宿泊料の範囲内です。タダ飲み、タダ飯の感覚です!

ホテル内のプールでは上記の飲み物も全て課金なしです。

朝起きて喉乾いたからオリオンビール飲もってぐらい軽い気持ちで朝からビールを飲んでました。

家族4人で相当な量の飲み物と食事を頂いたので、結局エグゼクティブルームに泊まったほうが
トータルは安かったんじゃないかなと思ってます。(実際のところはわかりませんが。。。)

他の特典はこんな感じです。

  • バレーパーキング(入出庫代行)
  • 朝食バイキングの座席予約(朝のレストランは長蛇の列ができます)
  • レイトチェックアウト(12:00)
  • 近くのビーチのパラソルとデッキチェアが無料
  • その他色々

夜になるとプールの橋の上で三線の生ライブもやってて流行りのナイトプールを初体験!!

フクギ並木は行ったほうがいい

沖縄に行くと殆どの人が行くスポットが美ら海水族館だと思います。

その直ぐ近くにフクギ並木ってスポットがあるって知ってますか?

因みに今回2日目にフクギ並木に行って、4日目に水族館に行って、なんかこの道こないだ通らんかったっけ?って感じで2つのスポットが近いということを知りました。

こんなに近いんですよ!

数キロに渡ってこんな道が続き、チャリのレンタルできます。

近くの海もめっちゃキレイです。

午前中の涼しい時間にフクギ並木に行って、午後からの暑くなる時間で水族館に行くのがいいと思います。

最後に

今回の旅行は子供達を楽しませることは勿論ですが、嫁に満足してもらう事をテーマに掲げました。

子供達の面倒はひたすら自分がみて、嫁には20歳未満入室禁止のラウンジに入り浸ってもらいました。

中々大変でしたけど徹底して出来たので自己満足できました。(3日目爆睡してしまったけど)

こんな旅行が出来たのも制度を作ってくれた会社、変わりにやってるくれるチームメンバーやエンジニアの人たちのお陰です。感謝しか有りません。

他の人がリフレッシュ休暇に行くときは今度は自分がサポートを徹底できるようにしたいと思います!!

 


この記事をかいた人

About the author