【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【200ヶ国以上に対応】グローバル eSIM「ビヨンドSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【中国への旅行・出張・駐在なら】中国SIMサービス「チョコSIM」

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【グローバル専用サービス】北米・中国でも、ビヨンドのMSP

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【まとめ】中国のクラウド / サーバーのサービスを調べてみた

技術営業部の大原です。

中国発のクラウドサービスと言えば、Alibaba Cloud(アリババクラウド)Tencent Cloud(テンセントクラウド)の2ブランドが、日本で知名度がありますが、今回はその2ブランド以外の、中国国内でシェアがありそうなクラウド / サーバーのサービスをまとめました。
(2020年2月時点の情報です)

中国のクラウド / サーバーのサービス一覧

中国のクラウド / サーバーは、様々なサービスの種類があると思いますが、本記事では一部のサービスをピックアップしてご紹介いたします。

百度智能云(Baidu Cloud / バイドゥ クラウド)

https://cloud.baidu.com

中国の最大の検索エンジンである「Baidu(バイドゥ)」が提供するクラウドプラットフォームのサービスです。

Google検索の中国版のような位置付けなので、Google Cloud のように「AI・機械学習」のリソースに強みを持つのが特徴です。

华为云Huawei Cloud / ファーウェイ・クラウド)

https://www.huaweicloud.com

深圳市に本社を置く、世界有数の通信機器メーカーから提供されるクラウドサービスで、Alibaba Cloud・Tencent Cloud と同様にグローバル展開されています。

Huawei Cloud は、ICTインフラ分野における30年以上の蓄積された技術、革新、専門知識を引き出して、パワフルなコンピューティングプラットフォームと使いやすい開発プラットフォームのサービスが提供されます。

京东云(JD Cloud / 京東クラウド)

https://www.jdcloud.com

北京市に本社を置き、中国で第2位のEC(電子商取引)モールである、「京東商城(JD.com)※ ジンドン」を運営する企業のクラウドプラットフォームです。

JD Cloud は中国最大のメモリクラウドホストを提供し、1,464GBのDDR4メモリを備えています。これにより、データ交換速度とメモリ容量の要件が非常に高い大規模サービスの展開に対応できます。

青云(Qing Cloud / 清雲)

https://www.qingcloud.com

北京市にある Beijing Qingyun Technology Co., Ltd.(北京清雲テクノロジー)の子会社で、エンタープライズレベルのクラウドプロバイダー及びソリューションプロバイダーです。金融・交通・医療・教育・政府関連などの案件に強みがある印象です。

金山云(Kingsoft Cloud)

https://www.ksyun.com

WPS Office の オフィススイート製品を提供するキングソフトの親会社、金山軟件有限公司から提供されているクラウドプラットフォームです。

中国を中心にシェアを伸ばしており、サービス提供開始から数年の年月ですが、クラウドサービスに必要な負荷分散・マルチAZ ・CDN などの一通りの機能は整っています。ちなみにVMマシンのリソース名称は KEC(Kingsoft Elastic Compute)です。

まとめ

あまり日本では馴染みのないクラウド/ サーバーのサービスですが、すでにこれらのクラウドベンダーはグローバル展開してきています。

あと何年かすると、これらのクラウドサービスが日本に上陸して、日本で有名になってくるかもしれません。

▼「中国クラウド / サーバー構築・運用保守」のサービスはコチラ ▼

中国クラウド / サーバー構築・運用保守

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
2
読み込み中...
2 票, 平均: 1.00 / 12
9,166
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【2025.6.30 Amazon Linux 2 サポート終了】Amazon Linux サーバー移行ソリューション

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界で法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどの、IT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、SIer系のデータセンター事業会社で、物理サーバー / ホスティングサービスのプリセールスエンジニア、SaaS型のSFA / CRM・BtoB向けのEコマースなどのカスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。

現在は、アジアのシリコンバレー中国・深圳に駐在して、中国ドラマと billbill を見るのが日課です。

所有資格:簿記二級