キャッシュレス還元終了、次のマイナポイントとは?


こんにちは、管理部の坂下です。

昨年10月の10%への消費税増税に伴い、導入されたキャッシュレス決済のポイント還元。

コンビニ等では2%還元、中小企業やクレジットカードなどは5%還元と政府による還元キャンペーンでしたが、

6月末で終了しました!ほんとあっという間でしたね…。

そして、9月1日からマイナポイントが始まります!

マイナポイントって一体どういう仕組みなのかみなさんご存じですか?

今回は、簡単に説明いたします♪

マイナポイントとは

マイナポイントとは、国が実施する消費活性化策のひとつで、マイナンバーカードの普及促進と、

ここ数年で盛り上がりを見せているキャッシュレス決済を普及することを目的としています。

マイナンバーカードをお持ちで、マイナポイントの予約(マイキーIDを設定)・申込みをしたのち、

キャッシュレス決済を利用した消費者を対象に付与されるポイントです。

マイナポイントの付与額と上限は?

令和2年9月から令和3年3月の期間内にキャッシュレス決済サービスで一定額をチャージまたはお買い物をすると、

支払った金額の25%分がポイントとして還元されます。

また、上限は1人あたり上限5,000円分までとなっています!

付与されたマイナポイントは、選択したキャッシュレス決済サービスのポイントとして、お買い物などの際に使えます♪

マイナポイント申し込みまでの3STEP

お得なマイナポイントですが、活用するには3つのSTEPが必要です。

①マイナンバーカードを準備しましょう!

まだ持っていない方は、取得に1か月程度かかるので、早めに申請をしましょう。

マイナンバーカードの取得方法はこちらから。

②マイナンバーカードを使ってマイナポイント予約

スマホアプリまたは、PCから専用サイトをアクセスして、

マイナンバーカードを読み取り、マイナポイントを予約しましょう。

※予約によって、マイキーIDが発行されます。

③キャッシュレス決算サービスを選び、申し込む

マイナポイント申し込みページにログインし、

利用するキャッシュレス決済サービスを選択し、申し込みます!

 

上記を行えば、20,000円のチャージ等で25,000円分の買い物ができます!!

ただし、ポイントの取得期限は2021年3月31日までです!

取得済みのポイントは期限後も利用可能です♪

対象となる決済サービス一覧

マイナポイントの還元対象となるキャッシュレス決済サービスが総務省より発表されています。

決済事業者登録及び決済サービスの追加登録は、2020年7月17日(金)で終了しましたので、

現在発表されている決済サービスが、今回利用できるすべてになります。

発表されている主要なキャッシュレス決済サービスは以下のとおりです。

<クレジットカード>

  • 三井住友カード
  • イオンカード
  • 楽天カード
  • オリコカード
  • dカード

<電子マネー>

  • WAON
  • Suica
  • nanaco
  • 楽天Edy

<コード決済>

  • PayPay
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • メルペイ
  • LINE Pay
  • au PAY

その他の決済サービスについては、総務省「対象となるキャッシュレス決済サービス検索」をご覧ください!

基本的にはよく使うクレジットカードやQRコード決済、電子マネーなどを選ぶのがいいと思います。

ただし、 利用する決済サービスを1つしか選べないので、

各決済事業者が自社サービスに登録してもらえるようキャンペーンなどに力を入れています。

利用頻度や使いやすさなどを確認した上で、どれか一つを慎重に選びましょう!

まとめ

マイナポイントは、新しいポイント制度や決済などではなく、

今あるキャッシュレス決済サービスを利用するものなので、

一度マイナポイントに登録すればいいだけなので、簡単に利用できます♪

 

最大5,000円分のポイントをGETできますので、

マイナポイントの申し込みは早めに済ませておきましょう!


この記事をかいた人

About the author

坂下友梨絵

管理部に所属。社内のことは、何でもお任せ!
社内の行事やイベントについて書いています♪