【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【大阪 / 横浜】インフラ / サーバーサイドエンジニア募集中!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始!

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【導入実績 500社以上】AWS 構築・運用保守・監視サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【CentOS 後継】AlmaLinux OS サーバー構築・移行サービス

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【WordPress 専用】クラウドサーバー『ウェブスピード』

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【格安】Webサイト セキュリティ自動診断「クイックスキャナー」

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【低コスト】Wasabi オブジェクトストレージ 構築・運用サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【予約システム開発】EDISONE カスタマイズ開発サービス

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【100URLの登録が0円】Webサイト監視サービス『Appmill』

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【中国現地企業に対応】中国クラウド / サーバー構築・運用保守

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【YouTube】ビヨンド公式チャンネル「びよまるチャンネル」

【サーバー移行】Alibaba Cloud Server Migration Center【マイグレーション】

技術営業部の大原です。

今回は AlibabaCloud(アリババクラウド)が提供するマイグレーションサービス「Server Migration Center(SMC)」について記載します。
(2022年1月時点の情報です)

Server Migration Center(SMC)の概要・特徴

Server Migration Center(以下、SMC)は、AlibabaCloudによって開発されたサーバー移行プラットフォームで、SMCを使用すると 1つ以上の移行元となるサーバーをAlibabaCloudに移行できます。移行元となるサーバーは、データセンター内のサーバー・仮想マシン・他のクラウドプラットフォーム上のホストが対象となります。

また SMCは、移行元となるサーバーからAlibabaCloudへの自動でのデータ移行をサポートします。SMCでは次の機能が提供されています。

増分データの移行

○ サービスを中断することなく、移行元サーバーの増分データをAlibabaCloudに同期できます。
※ 参考:Migrate incremental data from a source server

一度に複数のサーバーを移行する

○ SMCコンソールで、一度に複数の移行タスクを開始できます。
○ SMCのAPI操作を呼び出して、移行タスクを作成および開始し、移行の進行状況を照会し、一度に複数の移行タスクを管理できます。
※ 参考:API operations

マルチスレッドデータ送信

○ SMCクライアントは、マルチスレッドデータ送信をサポートします。高帯域幅が利用可能な場合、この機能により帯域幅の使用率と伝送効率が向上します。
※ 参考:Enable multi-threaded transfer acceleration

タスクプロセスの一元化された監視

○ 一度に複数の移行元サーバーをAlibabaCloudに移行する場合、SMCではそれぞれの移行元サーバーの移行ステータスを監視できます。
○ それぞれの移行元サーバーまたは移行タスクのステータスは、SMCコンソールで確認できます。これにより、移行中に発生する可能性のある問題を特定することができます。

Server Migration Center(SMC)の利点

多様なプラットフォームとインフラ環境からの移行

○ SMCを使用すると、様々なバージョンの Windows や Linux の OS を実行するサーバーを移行できます。
※ 参考:Limits
○ SMCでは、データセンター / オンプレミス仮想マシン(VM)/ クラウドプラットフォームのサーバーから、Alibaba Cloud にデータを移行できます。
・サポートされるVM:VMware / VirtualBox / Xen / KVM / Hyper-V
・サポートされるクラウドプラットフォーム:Amazon Web Services(AWS)/ Microsoft Azure / Google Cloud Platform(GCP)/ Tencent Cloud / UCloud / China Telecom e-Cloud / QingCloud

移行元サーバーの基盤となる環境からの独立性

○ 物理からクラウド(P2C)/ 仮想からクラウド(V2C)/ クラウドからクラウド(C2C)のタイプの移行と、複数のタイプのファイルシステムとディスクをサポートします。
○ サービスを中断せずに移行するので、移行元のサーバーで実行されているサービスを停止する必要はありません。
○ インストールを必要としない軽量のクライアントなので、複数の移行方法を提供し、必要に応じた方法を選択できます。また 移行タスクを開始すると、SMCは移行の進行状況全体を管理します。
○ デフォルトでは 2048ビットのRSAキーを使用して、データ送信中にデータを暗号化するので、安全なデータ送信を実現します。SMCを使用すると、VPNゲートウェイやAlibaba Cloud ExpressConnectが提供する物理接続などのプライベートネットワークを介してサーバーを移行できます。

Server Migration Center(SMC)の移行プロセス

SMCは、SMCクライアントとSMCコンソールで構成されます。次の図は、移行にSMCを使用する方法を示しています。

※ 参考:Migration process

まとめ

サーバーの移行先が AlibabaCloud 限定になりますが、現時点でここまで汎用性が高いマイグレーションツールは無さそうなので、マイグレーションの機会があれば一度お試しください。

この記事がお役に立てば【 いいね 】のご協力をお願いいたします!
1
読み込み中...
1 票, 平均: 1.00 / 11
439
X facebook はてなブックマーク pocket
【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024.6.30 CentOS サポート終了】CentOS サーバー移行ソリューション

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始いたします!

【2024年2月~】25年卒 エンジニア新卒採用の募集を開始いたします!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

【大阪 / 横浜】インフラエンジニア・サーバーサイドエンジニア 積極採用中!

この記事をかいた人

About the author

ohara

通信業界で法人向けのNWサービス・OA機器・グループウェアなどの、IT製品の導入を担当するセールスとしてキャリアをスタート。

その後、SIer系のデータセンター事業会社で、物理サーバー / ホスティングサービスのプリセールスエンジニア、SaaS型のSFA / CRM・BtoB向けのEコマースなどのカスタマーエンジニアを経て、現在のビヨンドへ入社。

現在は、アジアのシリコンバレー中国・深圳に駐在して、中国のハードウェア / ソフトウェアの輸出入貿易・卸売代理店してます。

所有資格:AWS Certified Cloud Practitioner(CLF)・簿記二級