Serverless(サーバーレス)設計・導入支援

ビヨンドのサービス案内

Serverless(サーバーレス)とは

Serverless(サーバーレス)とは、イチからサーバー / インフラ 設計や構築・保守の作業を必要とせずとも、必要なアプリケーション機能を提供する サーバー / インフラ管理が不要 の PaaSサービス です。

これにより、アプリケーション・システムの開発者は、サーバー / インフラの設計や構築・保守のことを意識することは無くなり、より一層 プログラム・サービスの開発に専念することが可能となります。

また サーバーレスの課金体系は、オンデマンドサーバーのように起動時間での課金ではなく、実際にサーバーレスの機能が処理・実行された分だけが課金となる仕組みを採用しているため、モバイルプッシュ通知のようなイベント駆動や、定期的なバッチ処理の実行などの機能に適しています。

ビヨンドのサーバーレスサポートでは、お客様が実現されたいシステム・サービスの仕様や機能をヒアリングし、その用途に適したサーバーレスの構成・デプロイフローなどの定義・サポートいたします。

サーバーレスの導入をご検討、サービスの選定でお困りでありましたら お気軽にご相談ください。

サーバーレス

ビヨンドのサーバーレス 導入支援サービス

ビヨンドではお客様がサーバーレスでプログラムをデプロイするためのデプロイフローを設計・定義いたします。

マルチクラウド対応が可能なビヨンドでは AWS Lambda / GCP Cloud Functions など、

様々なクラウド環境でのサーバーレス導入サポートをおこなっております。


  • デプロイフローの設計・定義・サポート
  • サーバーレス フレームワーク導入
  • サーバーレス 技術サポート

サーバーレス の導入例

ビヨンドではアプリケーションソースコード以外の設計・導入をご支援いたします。

お客様が実現したいサービスが サーバーレスに適したアプリケーションかどうか 判断が付かない場合でも、お気軽にお問い合わせいただけましたら

サーバーのプロフェッショナルであるビヨンドが お客様のご要望に適したサーバーレスサービスをご提案いたします。

※ こちらは一部の導入例です。

サーバーレスを活用するメリット

低価格 イメージアイコン

◇ 関数を実行する用途の場合、新しいサーバーを構築するよりも低価格で運用可能です。

サーバーレスでは 従来のサーバーのような時間制課金ではなく、関数の実行回数・実行時間による課金のため、 関数実行を処理させるために新しくサーバーを立てるよりもコストを抑えることが可能です。

インフラ構築不要 イメージアイコン

◇ サーバー / インフラの事を考える必要がなくなります。

サーバーレスを導入することでサーバー / インフラの基盤をイチから設計・構築する必要がなくなります。
デプロイフローの設計・定義までインフラのプロフェッショナルであるビヨンドに全てお任せください。

自動スケーリング イメージアイコン

◇ 自動スケーリングにより高い可用性・耐障害性を実現できます。

サーバーレスにはトラフィック需要に合わせた自動スケーリングなどの機能を標準で搭載しているため、
インフラ運用の手間をかけずに、スケーラブルなアプリケーション運用の効果が期待できます。